『セイコーゴールデングランプリ陸上』

世界最高峰の国際大会セイコーゴールデングランプリ陸上。
五輪・世界陸上のメダリストが国内外から集結!!

注目は男子100m!

リオ五輪リレーで銀メダルを獲得した仲間が最大のライバルとなる。
「100m日本記録保持者・桐生祥秀」、「2018年日本人相手に無敗・山縣亮太」、
「2016日本選手権優勝・ケンブリッジ飛鳥」最速の称号は!?
日本代表VS世界最強ガトリンから目が離せない!!

その3人の前に立ちはだかるのが、
世界記録保持者ウサイン・ボルトを2017世界陸上で破ったジャスティン・ガトリン。
日本代表VS世界最強ガトリンから目が離せない!!

さらに2017世界陸上リレー銅メダリストの飯塚翔太、藤光謙司が男子200mに出場。

そして男子走高跳には日本記録保持者で今季世界最高記録を持つ戸邉直人が登場。 世界陸上日本人初となるメダルも視野に入れるジャンパーにも大注目!!

大会概要

■実施種目
【男子14種目(オープン含む)】 100m 200m 400m 800m 3000mSC 110mH 400mH 4×100mR
100mT64 走高跳 棒高跳 走幅跳 三段跳 やり投
【女子10種目(オープン含む)】 100m 400m 800m 100mH 400mH 3000mSC
4×100mR 4×400mR 棒高跳 やり投
■コメンタリー
解説
トラック(短距離) 朝原 宣治
トラック(ハードル) 松田 克彦
フィールド(跳躍) 石塚 浩
フィールド(投てき) 小山 裕三
パラ種目 山本 篤
実況
トラック 佐藤 文康
トラック(WEB放送) 熊崎 風斗
フィールド 土井 敏之
フィールド 新タ 悦男
インタビュアー 石井 大裕
リポーター 上村 彩子

このページのトップへ