今野敏サスペンス 確証〜警視庁捜査三課

2017年11月6日

みどころ

イメージ

盗犯操作のプロ VS 窃盗のプロ!
警視庁捜査三課に在籍する盗犯捜査専門の職人刑事と若手女性刑事が
窃盗と強盗殺人の関連を推理し、難事件を追う——
警察ミステリーの巨匠・今野敏の人気シリーズが月曜名作劇場に登場!!

TBSの月曜名作劇場に、昨今の警察ミステリーブームを牽引する巨匠・今野敏の「確証」が登場する。
刑事の花形は殺人や強盗を扱う捜査一課。しかし、世の中で起こる刑法犯罪の7割は盗犯といわれている。捜査三課が扱う窃盗犯たちは高い技術と職人のプライドを持って犯罪を犯す、いわばプロフェッショナル。彼らを取り締まる三課の刑事たちもまた、その技術と知識を理解して窃盗犯たちと対決しなければならない。プロのトリックを見破り、事件の動機や犯人の意図を推し量って捜査に繋げる、“知識と経験”がモノをいう世界なのだ。このドラマでは警視庁捜査三課に在籍する、盗犯捜査専門のプロフェッショナルである刑事たちがプロの窃盗犯たちを追う姿を描く。
盗犯捜査のベテラン刑事・萩尾秀一を演じるのは吉田栄作。萩尾は長年捜査三課に所属しており、鍵の開け方や室内の荒らし方などの犯行の手口を熟知。その知識と経験から犯人に迫っていく。また、このドラマのもうひとりの主人公で、萩尾の相棒刑事となるのが、内山理名演じる刑事・武田秋穂。花の捜査一課志望であった武田だが捜査三課に配属され、萩尾の相棒として彼の知識や経験を自分のものにしようと努力し成長していく。
萩尾ら捜査三課が、エリート集団であり花形部署である捜査一課とお互いのプライドをかけて対立し、その鼻をあかしていく過程も大きな見どころだ。