内田康夫サスペンス 新・浅見光彦シリーズ 漂泊の楽人 越後〜沼津・哀しき殺人者

2017年10月30日

みどころ

新しく浅見光彦役に平岡祐太を迎え
竹下景子・石丸幹ニら新メンバーで装い新たに登場
ベストセラー作家・内田康夫の大ヒット作をドラマ化!

このたび、主演に平岡祐太を迎えた『新・浅見光彦シリーズ』が スタートします。
TBSではこれまで辰巳琢郎、沢村一樹、速水もこみちが浅見光彦役を務めており、平岡は4代目となります。そして光彦役以外のキャストも一新。光彦の母・雪江役は加藤治子、佐久間良子から竹下景子に、兄・陽一郎役は村井國夫、風間杜夫から石丸幹ニに決定。装い新たなメンバーで、ベス トセラー作家・内田康夫の大ヒットミステリーをドラマ化します。
旅と歴史のルポライター・浅見光彦が、日本各地にある歴史、名所、行事、名物等を取材する旅の途中、様々な事件に遭遇し巻き込まれていく。持ち前の正義感から、時には警察庁刑事局長である兄や、なぜか旅先で遭遇する母の力を図らずも借りることになってしまいながらも、難事件を解決していく。その行程の中に旅情、家族、ラブロマンスと盛り沢山な要素でお楽しみいただけるエンターテインメント作品です。
新シリーズ第1弾は、原作「浅見光彦シリーズ」の中でも大ヒットした「漂泊の楽人」(講談社文庫版)をドラマ化。美空ひばりの歌でも知られている「越後獅子」をモチーフに、流浪の民の辛く物悲しい過去の出来事と、秘められた愛憎が交錯して起こる連続殺人事件に、浅見光彦が鋭い推理で迫ります。
不可解な死を遂げた大学時代の親友が残したメッセージと、その親友を追うかのように亡くなった母親が言い残した言葉を手がかりに、ひとり残された親友の妹・肇子と共に光彦は新潟へと向かいます。角兵衛獅子発祥の地・月潟村(現・月潟地区)で事件解決の糸口を掴みますが、事件の黒幕に気付いた光彦をあざ笑うかのように魔の手が忍び寄り、新たな殺人事件が起こってしまう…。やがて事の顛末へとたどり着いた光彦は何を感じ、何を思うのか?
光彦と謎解きの旅を共にするヒロイン・肇子役は、いま注目の若手女優・相楽樹。そして初代陽一郎役の村井國夫をゲストに迎えて、「人は土地に根ざして生きている」を基本テーマに、より深い人間模様を描く上質なミステリー作品をご覧いただきます。

コメント

<主演・平岡祐太>

このたび、長年愛され続けてきた浅見光彦を演じさせて頂くことになりました。
お話を頂いた時は、感覚的に重みのようなものを感じ尻込みしてしまうところもありましたが、原作や台本を読んでいくうちに、人に寄り添い、気高く生きる浅見光彦の人柄に惹かれていきました。
家族と食卓を囲むシーンの撮影をした際には、昔はよく家族全員が揃って食事をしていたなと、自分自身の過去の光景が思い浮かび、当たり前だと思っていたことが如何に幸せだったのかという事を実感させられる機会でもありました。
事件の背景にある、人の物語が詰まったこの作品を噛み締めながら、監督やスタッフ、共演者の方々にお力をお借りし、浅見光彦の世界をお届けすることができればと思っております。 応援していただけると幸いです。是非ご覧ください。

<プロデューサー・矢口久雄>

皆様に長い間、愛されてきた『浅見光彦シリーズ』が『新・浅見光彦シリーズ』として生まれ変わります。 主演の光彦役は平岡祐太さん。母・雪江に竹下景子さん、兄・陽一郎に石丸幹ニさんと、キャストも一新しました。監督の鈴木浩介さんも初めてシリーズに参加します。
内田康夫先生の「浅見光彦」シリーズは1作目の「後鳥羽伝説殺人事件」から「遺譜 浅見光彦最後の 事件」まで115作品。その数々がミリオンセラーとなっていることはサスペンスファンならずともよく知られていることです。一つでも多くの作品をお茶の間で楽しんでいただこうという願いを込めて制作しております。
これからはご好評いただいた『浅見光彦シリーズ』をライバルと思い、その上を行く面白い作品作りを目指して行きたいと思います。是非ご期待ください。