過去の放送内容

「がっちりマンデー!!」毎週日曜あさ7時30分から

がっちりマンデー!!

過去の放送内容

2018年8月19日放送

特集

いまとにかく熱い!「定額」ビジネス最前線!
コーヒーも!時計も!高級外車も!月々おいくらで!?

ゲスト

森永卓郎さん、土田晃之さん

番組内容

今回のテーマは、儲かる「定額」ビジネス!
最近よく耳にする「定額」というワード。
月々980円で音楽聴き放題とか、月々約7,000円でスポーツジム通い放題などなど…
一定の金額で、あれこれたくさん楽しめる「定額」が、なぜかここ最近になって、拡大中!
こんなものまで定額に?と驚くような、まさかの「定額制サービス」が次々と登場してるんです!
しかも、どれもこれも儲かってる!なんで「定額」にお客さんが集まるのか?
定額だけど、儲かり幅は伸びしろ無限大!儲かりテクニックが満載の30分です!

■放送内容をシェアする

月3,000円で◯◯飲み放題!儲かりの秘密とは?

やって来たのは、東京・飯田橋。
そこで待っていてくれたのはとある定額ビジネスをやっているという株式会社favyの奥村さん。

その「定額」がすぐ近くにあるということで、ご案内いただくと…

奥村さん:こちらが定額制のカフェ・コーヒーマフィアでございます。

1つ目の定額ビジネスは、今年の1月にオープンした「coffee mafia」


どの様な定額制サービスなのでしょうか?

奥村さん:当店では月額3,000円払っていただくと、コーヒーが何杯でも受け取れるという定額制サービスを行っております。

そう!1杯300円のLサイズコーヒーが、月額3,000円で飲み放題!

定額プランに登録したお客さんは、レジで会員証のバーコードを見せれば、コーヒーが受け取れるって仕組み。でも、なんで定額制のカフェを始めたのでしょうか?

奥村さん:カフェは2月・8月だったり天候が暑かったり寒かったりすると、売上げが左右される業態でございます。

そう、飲食店、特にカフェは、天気や気温によって、お客さんの数が大きくアップダウンしてしまうんです。

ある時期、バタッとお客が減ると、経営がピンチになることも。そんなカフェの不安点を補うのが、定額制のお客さん。

実際に利用しているお客さんに話を伺うと…

お客さん:1日4回は利用してます。
お客さん:休憩がてらコーヒーを取りに来たりしています。元は取れてると思います。

ちょっとぐらいの雨ならお店に足を運んでくれるので、客数が安定するというわけ。

さらに、定額制にすることで…

奥村さん:1日1杯ではなく、何回来ていただいてもコーヒーが受け取れるというのがポイントだと思っております。

定額制なら、何回もお店に来てしまうけど、お店にとってはどんどん儲けが減っちゃうような…。

と、思いきや、実はそっちのほうが儲かるらしい!?

奥村さん:来店頻度が多いとコーヒーに合わせてサイドメニューを買っていただけるということもございます。

回数をたくさん来てもらえば、ついついサイドメニューを買っちゃうタイミングも増える。
売上データを見てみると、コーヒーを出すコストよりも、サイドメニューの儲けのほうが大きくなるんだとか!

定額会員の来店回数は、月に平均22回!
現在、会員数は数百名ということで…
coffee mafiaは、定額のコーヒー飲み放題でがっちり。

▼スタジオでお話を伺いました。
加藤さん:行くってことが習慣づいたらそこでご飯も食べる、テイクアウトも買う。ちょっと今日違う店にしようかな?っていう感覚が無くなるじゃないですか。うまいですよね。

住所非公開!年会費◯万円のレストランに潜入!

続いてやって来たのは、東京赤坂、TBSの近く。
待ち合わせ場所には…。
黒ずくめの服装がかなり怪しいModern Art Japanという会社の代表・野口さんの姿が。
一体、どんな定額ビジネスなのか?

野口さん:住所非公開なんですが、近くにお店があるので一緒にどうぞ。

これまた怪しい住所非公開。不安になりつつも、大通りから脇に1本入った、薄暗い裏路地を進んで…階段を登っていく、すると…

野口さん:こちらになります。

階段の踊り場にあったのは、壁と同じ模様の、完全に怪しい隠し扉。

扉の先には…

何やらカウンターと、お客さんらしき方々が。
ここは一体…

野口さん:定額の年会費をいただいている会員制のレストランになります。

2つ目の定額ビジネスは、今年の4月にオープンした会員制レストラン「サンミ」。

会員のみの完全予約制で、その年会費は…

野口さん:年会費を12万円いただいております。

レストランで、年会費12万円!?
しかも…

野口さん:料理はコース一品のみ2万円です。

メニューは2万円のコース料理、1種類のみ。定額で12万円も払っているのに、さらに、毎回2万円も払わなきゃいけない。

それでもお客さんは…

お客さん:何回も来るのであれば全然良いと思います。お酒も美味しいし、料理も美味しい。

まさかの大満足!

実は、このお店で腕を振るう大野さんは、アメリカの三ツ星レストランで修行をつんだ、一流シェフ。その料理が…

わらの煙で燻したキンメダイと、柑橘系の果物の粒をご飯に見立てた「シトラスリゾット」や

トマトやほおずきなど7種類の野菜を、畑をイメージしてレイアウトした「庭園」、といった創作フレンチ。

そして、年間12万円の定額制にすることで、とある、大きなメリットが。

野口さん:メリットとしてはドタキャンがほぼないですね。というか1回もないですね。

そう、ドタキャンがない!確かにせっかく高い会費を払ってるから、元を取りたいし、そもそも会員になってるから、逃げられない。

お店としては、食材費が無駄になることが無くなるので、その分、素材にお金がかけられるというわけ。

ちなみに野口さん、お店を開店するのにも定額制をうまく利用した作戦を考えていました。

野口さん:マクアケさんのクラウドファンディングを使わせて頂いて、集めさせていただきました。

マクアケとはクラウドファンディングを提供している会社。

インターネット上で新商品や新店舗のアイデアを公開し、応援したい!って人から資金を集めるという仕組み。

そこで、野口さん、お店の1年定額の会員権、12万円を払ってくれる人を大募集!300万円以上集まったらお店をオープンします!と告知したのです。すると、告知からたった2ヶ月で、飲食店としては異例の3,600万円の支援金獲得に成功!お店にとっては、開店資金をゲットし、しかも、開業前からお得意さんがたくさんできるというわけ!実に頭のいい作戦!

ところで、この店の売り上げ、おいくらなんでしょうか?

野口さん:オープンから3ヶ月くらいで約1,000万円以上です。

なんと開店からわずか3ヶ月で、定額の会費とメニューの売上げで、約1,000万円を達成!

sanmiは定額の会員制でがっちり!

月2万円で超高級◯◯が借りられる!驚きの斬新アイデアとは?

続いてやって来たのは、大阪府大阪市にある

クローバーラボ株式会社

クローバーラボの定額ビジネスについて広報担当の土橋さんにお伺いしました。

土橋さん:弊社はブランド腕時計のレンタルをしております、KARITOKE(カリトケ)というサービスを運営しています。

この会社が手がける定額ビジネスは「時計」!昨年の6月から始めた腕時計のレンタルサービスなんです。

お客さんは、インターネットで会員登録を行い40ブランド、300種類ほどの中から借りたい時計をチョイス。すると、宅配便で、日本全国のご自宅に腕時計が届くという仕組み。

土橋さん:現在、約1万人以上のお客さんにご利用いただいております。

サービス開始から1年間で、会員数はなんと、1万人を突破!これはかなりの人気!

気になるお値段は…

カジュアルなブランド中心の、月々3,980円コースから

グランドセイコーなどの時計を取り揃えた、6,800円のスタンダードプラン。

そして、1つ30万円ほどの高級時計借りられる、9,800円のプレミアムプラン。

さらに、お客さんの3割が利用するのが…

土橋さん:一番人気のプランは一番高いエグゼクティブになります。こちらのプランですとウブロのビッグバンになります。新品だと150万円します。

ロレックスやウブロなどの超高級ブランドが対象の、エグゼクティブプラン。
気になるレンタル料金は…

月々19,800円。

でも、月々19,800円の定額制ということは、年間約24万円…と結構なお値段!

だったら、買ったほうがいいような気もしますが、実際に、このプランで180万円の時計を借りているお客さんに聞いてみると…

お客さん:欲しい物を全部買うわけにはいかないので興味ある物を色々、レンタルさせてもらって楽しませてもらってますね。

しかしここで気になる疑問。150万円の時計を、月額およそ2万円、年間24万円で貸し出すということは、元を取るだけで6年3ヵ月半もかかってしまう計算に。

ホントに儲かるの?と、思いきや、ちゃんとからくりがありました。

土橋さん:KARITOKEは全て中古品を扱っております。

そう、KARITOKEの時計は全て、専門業者から仕入れた中古品。

良い状態の中古品を、新品より安く仕入れて、たくさん貸し出すことで利益をあげる仕組みなのです。

そして、この定額時計レンタルには、さらなる儲かり戦略が…

土橋さん:現在弊社が中古の商品を仕入れているんですけども、時計をたくさん持っていらっしゃるお客様からご提供いただいてそれを股貸しするような形ですね。

そう!いい時計をたくさん持っている人から時計を借りて別のお客さんに貸し出し、持ち主にはお礼を支払う、この、又貸し時計レンタル。
今年中にはサービスを開始する予定ということで、これはまだまだがっちりいきそうですね!


▼スタジオでお話を伺いました。
加藤さん:時計を傷つけたらどうなるの?
進藤さん:多少の傷はOKなんですけど、大きく破損するようなものは弁償してもらうことになるそうです。

月◯万円で高級車乗り放題!そのカラクリとは?

続いてやって来たのは…

東京駅の目の前にオフィスを構える株式会社IDOM。

いったいどんな定額ビジネスで儲かっているのでしょうか?
執行役員の北島さんに話を伺いしました。

北島さん:車を定額で貸し出すサービスをやらせてもらっています。

車の定額貸し出し?

確かに最近、車を買わないで、借りて乗る、レンタカーやカーシェアなどのサービスがどんどん増えていますが…

NORELの月定額サービスはそんな中でもちょっと新しい形の一つ。月々の料金を支払えば、年間最大4回まで、違う車に乗り換えることができるんです!

北島さん:今は月額、3種類ありまして、月額59,800円、79,800円、99,800円。

例えば、5万9,800円のプランだと、新車で200万円ほどのプリウスやフリード

7万9,800円では、約300万円のヴェルファイアやステップワゴン

そして、9万9,800円なら、新車で600万円超えのLEXUSやBMWなどの高級車も借りられるんです!

では実際に、どうやって借りるのでしょうか?

やって来たのは、神奈川県の相模原市にあるNORELの車を取り扱うお店。

仕入れ担当の奥坂さんに車を見せてもらうと…

奥坂さん:こちらでNORELの車の受け渡しを行っております。
スタッフ:あれ!値札ついてません!?

定額のレンタルサービスなのに、なぜか車に値札が!
しかも、ガリバーって書いてある。

奥坂さん:中古車販売のガリバーを運営している会社がNORELも運営しているような形になります。

そう、実はこの車の定額サービス。
中古車販売のガリバーがやっているんです!

つまり、定額で貸し出している車は、ガリバーで売出し中の中古車というわけ!

しかも、中古車を貸し出すのは、ガリバーにとって、いくつものメリットが!

奥坂さん:車は展示している間にも車の価値が下がり続けている状態なんですね。

だったら、それを寝かしておくよりも、定額で貸し出して、有効に活用しようというのが、ガリバーの計算!

しかも、全国に約5,050店舗あるガリバーだから、在庫の車もたくさんあるんです。さらに、ガリバー的に嬉しいのは、販売のガリバーと定額のレンタルでは人気の車が違うということ!つまり、かぶらない!

例えばガリバーでは、次に売ることを考えて、白・黒・シルバーといったシンプルな色合いで、ファミリーカーなどの実用的な車を購入する方が多い。

一方、レンタルのお客さんは…

赤や黄色など、カラフルな色を選び、スポーツカーや高級外車などにチャレンジしたがるんだそう…

実際に、59,800円のプランで、スポーツカーを借りているお客さんに感想を聞いてみると…

お客さん:試し乗りもあるのでNORELはすごくいいです。
スタッフ:いきなり買うってなると?
お客さん:気合がいるというか、勇気が要りますよね。

もちろん、借りた車が気に入ったら、そのまま購入してもOK!

現在、会員数は2016年の開始から2年で、なんと、約2万5千人!

IDOMは定額乗り換えサービスでがっちり!

▼スタジオでお話を伺いました。
加藤さん:うまいこと考えましたね。
森永さん:消費者が車を買うと平均で9年乗るんですよ。ところが9年間だと、家族構成とか変わっちゃんですよね。子供が増えたりすると、今まで乗れてた車が乗れなくなっちゃうんですよ。だから持つよりも、必要な時に必要なタイプの車を借りる方が合理的なんですよね。
加藤さん:レンタカーとの大きな違いは「わ」ナンバーじゃないってところですよね。
小酒井さん(広報):はい。そこは大きな違いかなと思います。

■放送内容をシェアする

このページの先頭へ戻る

Copyright© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.