ドキュメンタリー「解放区」

ドキュメンタリー「解放区」 毎週(木) 午後11:00~深夜0:00

令和の今と未来を感じる新時代のドキュメンタリー番組。
「日本で今、何が起こっているのか!?」「私たちの周りで今、何が起こっているのか!?」
切り口、テーマ、手法を問わず、日本全国の今に切り込み、調査報道から史実、人間、動物ドキュメントなど、様々なドキュメンタリーをお届けします。

2022年1月6日放送

村上春樹が語る~図書館ができるまでの物語~

地上波2021年11月7日OA
製作:TBSテレビ
ディレクター:兼井理絵

【内容】
2021年10月、早稲田大学のキャンパス内に「国際文学館 村上春樹ライブラリー」が開館した。

「この施設に自分の名前をつけることには、僕はもともとあまり乗り気ではありませんでした。まだこうして生きてますしね」

こう話すのは、小説家・村上春樹。
テレビの取材を受けないことで知られる村上が、今回特別に私たちの取材に応じ、音声で回答を寄せた。

図書館には村上作品だけでなく村上が収集したレコードなど貴重な資料が収められている。設計は、国立競技場の設計に関わった建築家・隈研吾が担当。館内にできるカフェは、村上文学に初めて触れる大学生たちに任された。

目指すのは、村上ワールドを「図書館」という形に表現すること。
開館までの14カ月間に独占密着した。

  • photo1
  • photo2

2022年1月13日放送

永田町のはぐれ政治家 石破茂 "永遠の総理候補"の現在地

地上波2021年11月21日OA
製作:TBSテレビ
ディレクター:中島哲平

【内容】
2021年10月31日に行われた衆議院議員選挙。
自民党の石破元幹事長は、ある想いを抱いて選挙戦に臨んでいた。

「総理大臣が国会で嘘を言って、バレれば書類を書き換え・捨てる。真面目にやった人は首を吊るような政治であっていいとは思わない。正直で誠実で嘘のない自民党を作っていきたい」

自民党が森友学園問題の再調査に慎重な姿勢を取る中、こう訴えた石破氏。
安倍氏・麻生氏という2人の総理経験者と対立し、自民党の本流に乗ることはない。

国民からの人気が高く“次期総理・総裁”との期待の声も上がるが、
これまで総裁選に4度挑戦するものの連戦連敗。
今年は河野太郎氏を担ぎ勝負に出たが、またも権力闘争に敗れる結果となった。

石破は終わった― そんな声も上がり始めている。

「永遠の総理候補」となりつつある石破氏の総裁選・衆院選を密着取材。
政治家・石破茂の人物像に迫ると共に、自民党の権力闘争の今を描く。

  • photo1
  • photo2

これまでの放送一覧