番組ラインナップ

JNNドキュメント
地上波では、地域ごとにしか見ることのできない
地方局制作のドキュメンタリー番組を毎週お届けします。
TBSの日本全国28局の系列局、JNN(Japan News Network)が誇る
日本各地の取材班が、時間をかけて紡いだ秀逸のドキュメンタリーを
お送りします。
  • ○2012年3月○
  • 3月 6日(火)「虹の家のサチ〜“家族”づくり〜」 制作:SBC信越放送
  • 3月13日(火)「青き大地に立つ〜義足ゴルファーの挑戦〜」 制作:OBS大分放送
  • 3月20日(火)「もうひとつのワールドカップ〜電動車いすサッカーと共に〜」 制作:MBC南日本放送
  • 3月27日(火)「企業理念は「雇用の創出」〜天草・絆社の挑戦〜」 制作:RKK熊本放送

これまで放送したドキュメンタリー

画像01

3月27日(火)午後11時〜
「企業理念は「雇用の創出」〜天草・絆社の挑戦〜」
2011年8月21日(日) 制作:RKK熊本放送
ナレーション:岡村清香

○内容○

 熊本県天草市に、地域雇用の拡大を理念とする企業があります。その名も「天草社」。現在、従業員は37人。皆、職を失って困っていた人たちばかりです。
 社長は橋本亜三生さん(70)。橋本さんは元高校教師で、退職後かつての教え子たちに仕事がないことに胸を痛めていました。思案した橋本さんは、かつて高校で講演してもらった環境問題の評論家に、薬草だけで作る化粧品の工場を紹介してもらいます。そこで譲ってもらった化粧品をビンに詰め、教え子と売り歩いたところ、評判が評判を呼び急に売れ出しました。
 橋本さんは、教え子たちに仕事を与えるため起業を決意しました。自ら化粧品のセールスをする一方で地域の農家と契約し、無農薬野菜の販売、その野菜を使った惣菜や弁当の販売へと事業を広げ、地域の人たちの雇用を広げていきました。さらに半年前には、職のない若者たちを7人雇用し、天草の耕作放棄地を開墾して農業にも参入しました。
 教師時代、友人の借金の保証人になって多額の借金を抱え込んだ経験がある橋本さん。そんなとき、天草の人たちが橋本さんを物心両面から支えてくれました。天草社は、その「恩返し」だと言います。
 橋本さんの信条、それは「皆で分け合い、支え合えば生きていることができる」です。
画像02
画像01

3月13日(火)午後11時〜
「青き大地に立つ〜義足ゴルファーの挑戦〜」
2011年11月6日(日) 制作:OBS大分放送
ナレーション:村津孝仁

○内容○

 小学3年のとき、不慮の事故で左脚を失った大分県大分市在住の古田謙さん(47)。彼は中学生のころ、遊びでゴルフクラブを握ったのがきっかけで、本格的にゴルフを始めます。数々のアマチュアの試合に参戦してきた古田さんは、1997年に「障害者ゴルフ」の存在を知ります。 
 その年の「第2回日本障害者オープンゴルフ選手権」で初出場・初優勝を果たし、その後、障害者ゴルフ界のトッププレーヤーとして活躍してきた古田さんは、2011年8月にスウェーデンで開催された国別対抗の障害者ゴルフ世界選手権に、日本チームのメンバーとして参戦。最終日、最終ホールでの古田さんのバーディーにより、日本チームは銅メダルを獲得しました。
 世界選手権では仲間だった選手が、再びライバルとなる「日本障害者オープンゴルフ選手権」(2011年10月24日・25日/栃木県・東ノ宮CC)。これまで4度優勝経験があるものの、10年間優勝から遠ざかっている古田さんは、世界選手権での活躍を機に、今年こそはとタイトル奪還に燃えています。
 障害者ゴルフのトッププレーヤーとして、飽くなき挑戦を続ける古田さんの夢とは。古田さんが思う「ゴルフ」の魅力とは。
画像02
Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved. TBSトップページサイトマップ