HPスタッフのせきらら現場日記

Vol.5 2016年4月23日

気になる人は妻子持ち

ライバル社のエース記者・小津さんのことが気になって気になって仕方のないゆり子。次回、第2話では一体どうなってしまうのか!?
政治記者というのは、国会内で政治家たちの話だけを聞いているだけではなく、国会外の飲み会などにも顔をだし、さまざまな情報を取らなければいけないんです!

写真

この人はどうやって情報とってるんだろう

記者との懇親会、要は飲み会だったりしちゃうんですね。そんなところに新人でしかも若い女性が来たら注目もされるけれど悪目立ちしちゃったり、果てはセクハラ被害にあったりしないか!?

写真

ホステスさん状態

あっちゃん「水割りの作り方怒られますが、リアルに量とか順番とか分かりません…」
そうだよね、こういうクラブってボトルがベースになるので(私は人生経験長いし、昔はずいぶん景気良かったからね)、テーブルについてくれるホステスさんよりも会話引き出そうと自分でやったほうが関係近くなったりするし…
でも、政治家の先生たちもあっちゃんにお芝居でセクハラをしなければならなくて、しきりに「すみません!」と謝りっぱなしです。
この奥の席には上神田、そして小津さんが。
監督「本当は黒田の懐刀である上神田の話を聞きにいきたいのに、敷居が高くてみんなこの衝立の奥に入れないんです。そこをゆり子は小津の助け舟で進んでいくから嫉妬の嵐でまた大変です。」

写真

情報通じ合ってる特権階級

第1話でくろでんに「いつ分党?」と直球で切り込んだゆり子、これくらい物怖じしないと、上神田ともすぐに話が出来るように?やっぱり他社とはいえ、エース記者が味方についてくれていれば心強い!記者は政治家の電話番号を教えてもらうことが出来て一つのステップなんだそうです。なかなかゆり子一人では教えてもらえないでしょうけど、小津さんのおかげで、初の番号ゲット…ということはおのずと小津さんとも番号を交換出来てしまうということで。

写真

じゃあ送って

しかし、小津さんには家族がいます。どうするゆり子、このままだとルールを外れた不倫の道へ一直線だ!そしてそんな小津さんの娘・絵美ちゃん役に今、大注目の女優・清原果耶(かや)ちゃんが決定しました!NHK連続テレビ小説『あさが来た』の“ふゆ”役で注目を浴びた果耶ちゃんは、「アミューズオーディションフェス2014」で3万人を超える応募の中から頂点に輝き、NHK大河ファンタジー『精霊の守り人』にも出演、今作が民放連続ドラマ初出演となります。
先日クランクインし、ひょんな事からゆり子と出会うというシーンが撮影されたのですが、あっちゃんは果耶ちゃん対して「さわやかでかわいかったです。私も14歳でデビューしたのですが、あんなにしっかりと演技できていなかったと思います」と話してくれました。

写真

今後はゆり子と舌戦を繰り広げるシーンも?

清原果耶さん「今回演じる絵美は、正義感の強い女の子というイメージです。お父さんのことが大好きな女の子の役なので、そのお父さんの前に現れるゆり子を圧倒できるような演技がしたいです。
民放の連続ドラマが初めてなので、私のことを知らなかった方にも観て頂けると思うと、とても楽しみです。」

果たしてゆり子は果耶ちゃん演じる絵美ちゃんとこの先どんな関わりを持つのか、そして小津さんとゆり子はこの先どうなるのか、次回、27日(水)深夜0時10分からの第2話をお見逃しなく!

写真

この喜びは仕事かそれとも?

Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る!