カブキブ

二幕目 「いとしと書いて藤の花」

一年生の阿久津新(しん)、二年生の浅葱芳(かおる)と丹羽花(はな)満(みち)。黒悟は、カブキ同好会設立のため、三人を勧誘しに奔走するが、結果は惨敗。しかも、梨園の御曹司・蛯原仁(じん)には、歌舞伎を演じる部活の設立なんて諦めろ、とまで言われてしまう始末。けれど、歌舞伎の面白さを仲間と分かち合いたい黒悟は、それでも諦めず、今日も三人を追いかけて……。

脚本:中村能子  
絵コンテ:ユキヒロ マツシタ  
演出:安部祐二郎  
総作画監督:河南 正昭  
作画監督:三浦かおる、田中小百合、清水勝祐、本多みゆき、簾畑由実

このページの先頭へ

// Can also be used with $(document).ready()