●特集一覧

第1期 スタッフコメント

●5月08日更新

●第6話 絵コンテ演出:石原立也さんコメント

演出の石原です。
早いものでもう6話。初めてのライブです。
ボーカルに悩む澪が目立ってしまいそうな展開ですが、
それを支える仲間たちとして、“4人で一つ”っていう感じを目指しました。

では公式サイトっぽく、こぼれ話と見どころをいくつか。

○澪が入るお化け屋敷にある生首人形のカットをリテーク(描き直し)したのですが、
その理由は「怖すぎるから」というちょっと珍しいものでした。

○原作にある「ふんす!」
原作2巻38ページ右4コマ目とかにあるやつです。
やってみたかったので入れてみました!

澪が律にボーカルを代わってくれとゴネた後、唯がやっぱり自分がやるよと言う辺りです。
唯が決意の表情で顔上げるカットですね。

これはもちろんセリフではなく鼻息です。
ありきたりにやれば「ふんっ!」と只の鼻息になりそうなものですが、
「ふん“す”」の“す”がポイントだと思いました。
こういった一生懸命さが“唯”なんじゃないかとか思います。

これを役者さんがどう演じるのか想像つかず、入れるべきかどうかすごく悩んだのですが、
「とりあえず台本に書いておこう」ということになりました。
結果はご覧の通りで、豊崎さんが「ふんす」を可愛く言ってくださって嬉しかったです!
とてもよかったと思います。

○あとマニアックな見どころとしては、生徒会長が何気に出演しています。
( ^ω゜)ノ

●特殊効果:三浦理奈さんコメント

けいおん!の特殊効果を担当させて頂いてます三浦です。
この作品での特効の最大のお仕事はお菓子の質感!
ムギちゃんのお菓子食べたいですよね〜!あ。
……ではなく、すみません楽器です、楽器の質感!!

6話は学園祭、初ライブということで楽器もいっぱい出てきました。
唯のギターの模様には毎回泣かされっぱなしなんですが・・・。

特効マル秘難易度メモ
ギター>お菓子>ドラム≧キーボード>ベース…他。

●5月01日更新

●第5話 絵コンテ演出:高雄統子さんコメント

けいおん!5話を担当させて頂いた高雄です。
今回はかなり異色の回ということで緊張しながらやらせていただきました。
私のお勧めエピソードは根があまりに純粋な乙女だったがゆえにやりすぎちゃったさわ子先生の悲しい(?)過去編です。
桜とともに散ってしまったさわちゃんの淡く切ない恋の思い出に彼女と共に涙し、
共にフラフープをかいくぐる思いで観ていただければとても嬉しいです。

●動画検査:中野恵美さんコメント

けいおん!5話の動画検査を担当させて頂いた中野です。
内容的にも楽しく、それぞれキャラクターの性格のでる話数で、作業も楽しくできました。
その中で今回は、はじけるさわ子先生がかなりおもしろかったです!!!!
はじっけぷりを、観てくださってる方々にも楽しんで頂ければと思います。
これからも頑張りますので けいおん! の応援よろしくお願いします!!

●4月24日更新

●撮影監督:山本 倫さんコメント

さて皆さん、けいおん!4話は楽しんでいただけたでしょうか?

この作品のメインスタッフは女性が多いので、負けない位乙女な気分でがんばっている撮影監督の山本倫です。
若干乙女になりきれずお父さんな眼差しで見守ってますが(笑)
特に山田監督はセンスと感覚が面白い方なのでこの作品にうまく織り交ぜていけるようがんばってます。

この作品での全体的な撮影としましては作画と色の良さ、
あとリアルな空気感を見せるためにあまりフィルターなどはやり過ぎないようにしています。
そんな作品の中にきらめく青春のスクールライフを感じていだだけたら嬉しいです。
ただ、やる時はあえてやり過ぎてる部分もありますが...(笑)
そんなギャップも楽しんで下さい!

●第4話絵コンテ演出:石立太一さんコメント

第4話コンテ演出を担当させていただきました石立です。
合宿!ということで、言いかえれば「旅!」ですよね!

自分の学生時代を思い返しても、友人と行った「旅」というものは
すばらしい思い出です。友情を深め、また色んな勉強にもなりました。
時を経て今だキラめいています。

けいおん部のメンバーが少しずつ成長していく様を描きつつ、
キラめいた思い出感をこの話数には詰め込みたいと思いつつ作業しました。

楽しんで観ていただけたら幸せです。

TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2024, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.