ビニコンと求人情報誌と…

コンビニに視察に行くココノツ・サヤ・豆。出迎えたのはやたらテンションの高い店長、紅豊だった。コンビニには似つかわしくない高級洋菓子をならべ自慢する紅豊。それを聞いたココノツは、つい「駄菓子のような安いものの方が、客が喜びます」と言ってしまう。

脚本:横手美智子 
絵コンテ:桑原智 
演出:前園文夫 
作画監督:久松・佐藤このみ

このページのトップへ

// Can also be used with $(document).ready()