2018年4月スタート
毎週金曜よる10時〜

金曜ドラマ『あなたには帰る家がある』

番宣画像

みどころ

豪華キャストがお送りする
“大人ドラマ”真髄がここに!

4月スタート金曜ドラマ
あなたには帰る家がある

主演: 中谷美紀
玉木 宏
ユースケ・サンタマリア
木村多江

中谷美紀 玉木 宏 ユースケ・サンタマリア 木村多江

夫婦は族だけど、人。
平穏に見える夫婦の足元にも、
実は大きな落とし穴が!?


① 100人超の女性に「オンナの本音」をリサーチ! クスっと笑える“あるある”が満載!
 仕事と家事の両立…夫との生活…思春期の子育て…、「夫婦あるあるネタ」に共感。

② 平穏に見える2組の夫婦を襲う“落ちてはいけない恋”
 忘れかけていた感情…燃え上がる想いと裏切りの罪悪感に、ハラハラドキドキの展開!

③ 危機に直面する「夫婦の絆」
 「夫婦の絆」は脆い…しかし、だからこそかけがえのないもの。ラストに起きる温かな奇跡にも注目!

あなたのは、帰りたいと思えるですか?


 TBSでは、2018年4月期の金曜ドラマ枠で、中谷美紀主演の『あなたには帰る家がある』を放送する(毎週金曜よる10時)。原作は、直木賞作家・山本文緒が1994年に発表した同名の長編小説。「夫婦」という普遍的なテーマをリアルかつドラマチックに描き、多くの反響を呼んだ人気作だ。ある2組の夫婦の日常に潜む、不満やすれ違い…。誰もが共感できるリアルな生活を基にした大人の群像劇でありながら、次々と起こる予想外の展開から目が離せない! また、クスッと笑えるユーモラスな「夫婦あるあるネタ」も満載!
 まさに、TBS伝統の金曜ドラマ枠らしい“大人が楽しめる”ドラマとなる。

 主人公は、結婚13年目の主婦・佐藤真弓さとうまゆみ。演じるのは、出演作品が途切れることなく、テレビドラマはもちろん、映画や舞台でも広く活躍する、日本のトップ女優のひとりとなった中谷美紀だ。一人娘の中学受験が無事終わり、子育てにひと段落した真弓は、学費などで圧迫された家計を助けるべく、十数年ぶりに仕事に復帰しようと決意する。
 真弓の夫で、住宅販売会社のサラリーマン・佐藤秀明さとうひであきを、今年芸能生活20周年を迎え、ますます魅力が増している俳優・玉木 宏が演じる。家族の平穏を守るため真弓が一人で頑張ろうとすればするほど、秀明は窮屈さを感じ、真弓とは対照的な人妻との“落ちてはいけない恋”に奔ってしまう…。
 また、バラエティ番組で活躍する一方、俳優としても鋭いセンスをみせるユースケ・サンタマリアが演じるのは、物語のキーパーソンとなる茄子田太郎なすだたろう。家庭的で美しい妻を持つが、時代錯誤といえるほどの亭主関白でいわゆる“モラハラ夫”。自宅の外でもトラブルメーカーだ。職業は中学校の教師で、真弓と秀明とは、意図せず別々の場所で出会うことになる。
 その家庭的で美しい妻、茄子田綾子なすだあやこを演じるのは、容貌や仕草、その高い演技力で独特の存在感を放つ女優・木村多江。綾子は夫・太郎と息子とともに太郎の両親と同居する主婦として完璧な女性。家事と育児に没頭することで「幸せだ」と納得してきた綾子だったが、秀明と出会い、強く惹かれていく…。

夫婦の「あるあるネタ」満載共感ストーリー!

 一見、平穏そうに見える夫婦でも、その足元には大きな落とし穴が!? 危機に直面することで露になったのは「夫婦の絆」の脆さだった…。忘れかけていた燃え上がる想いと裏切り。妻に…夫に…決して知られてはいけない…! “落ちてはいけない恋”によって、二組の夫婦が翻弄されていくという、「夫婦」をテーマにしたドラマでありながら、予想外の展開でハラハラドキドキのストーリー。
 「夫婦の絆」は脆い…。しかし、だからこそ、かけがえのないものだ。物語のラストには、温かな奇跡が用意される予定だ。
 本ドラマの制作にあたり、スタッフが実際に100人以上の女性にリサーチ。夫について、子育てについて、仕事と家事の両立について、トコトン「オンナの本音」を徹底調査! 「今」を生きる世間の“妻”たちの赤裸々なエピソードを盛り込んだユーモラスな「夫婦のあるあるネタ」に、共感しながら、ぜひお楽しみいただきたい。

どんなに平穏に見える夫婦でも、
その足元には大きな落とし穴が広がっている…。

 主人公・佐藤真弓(中谷美紀)は、結婚13年目の夫・秀明(玉木宏)と一人娘の麗奈との三人家族だ。子育てはひと段落したものの、私立中学に入学した娘の学費やら諸経費やらが家計を圧迫。生活を守るため、結婚以来、ひさしぶりに仕事を始める決意をする真弓。しかし、秀明は危機感を持つことはなく、真弓の仕事にも家事にも非協力的だ。家事に対してとばっちりのようにしか思っていない秀明とそんな彼に不満を抱えるばかりの真弓…。
 そんな中、秀明が働く住宅会社のモデルハウスに、茄子田太郎(ユースケ・サンタマリア)と妻の綾子(木村多江)が、客としてやってくる。真弓とは対照的な女性である綾子に、衝動的に惹かれはじめる秀明。
綾子も秀明との出会いに、運命的なものを感じていたのだった。
 家族のために頑張ろうと決めた真弓の決断がもとで、夫婦の溝が深まってしまう矛盾──。それでも、家族の平穏を守るため一人で頑張ろうとする真弓だったが、真弓がそうすればそうするほど、秀明はますます窮屈さを感じ、綾子との“落ちてはいけない禁断の恋”に奔ってしまうのだった…。

このページをシェアする

コメント

<主演・中谷美紀さんコメント動画>

中谷美紀さん
Q.今回のドラマについて
平凡に暮らす主婦が、夫がある人妻に恋をしてしまうことで、初めて夫婦の危機に陥り右往左往するような物語です。夫婦の絆という、とても身近ではありますけれども、深く大きなテーマが含まれたドラマです。

Q.演じる役柄について
専業主婦として娘を育て上げ、改めて十数年ぶりに職場復帰し働き始めようとした時に、旦那さんがあらぬ方向に行ってしまいます。家族だからこそ身近だからこそ「ありがとう」や「ごめんなさい」が言えなくて、ほんの少しのボタンのかけ違いで、夫婦の絆にヒビが入ってしまう、そんなリアルな夫婦像をお見せすることになると思います。

Q.共演者について
玉木宏さんは、私が演じる「真弓」の夫、結婚生活13年目、ちょっと駄目なちょっと抜けた旦那様を演じてくださいます。
ユースケ・サンタマリアさんは、ちょっとモラハラ夫といいますか、少し性格に難のある歪んだ役を演じてくださいます。
その妻を演じてくださる木村多江さんは、「真弓」とは対照的におせち料理も全て手作りで、ご家族に振舞っているような理想の女性を描いた役柄です。
皆さん本当に達者な役者さんばかりなので、今から撮影が楽しみで仕方ないです。4人でどんなコラボレーションができるのかなとワクワクしています。

Q.視聴者へメッセージをお願いします
100人以上の女性に実際の夫婦生活についてインタビューをして作り上げられたとてもリアルなドラマです。
是非ご夫婦の方々もこれからご夫婦になろうとしている方も、夫婦の絆、あるいは愛について楽しみながら、一緒に考えていただけたらと思います。是非ご覧ください。

玉木 宏さん
Q.今回のドラマについて
一見、幸せそうな夫婦を描いたストーリーですが、夫が越えてはいけない一線を越えてしまう、そこに夫婦の危機が訪れるのですが、それでも夫婦である以上、色々な壁を一緒に乗り越えていかなければならない。そのような状況に直面したときに、“夫”は、“妻”は、この問題をどう乗り越えていくのだろうというテーマのドラマですね。

Q.演じる役柄について
結婚13年目を迎え、子どももいて、最初の頃は起きなかった問題が13年目だからこそ起きることもある。それなりに夫も妻も不満や不安を抱えますが、それをどう乗り越えていけばいいのだろうという思いを抱えた男性です。

Q.共演者について
主演の中谷さんには、これまで専業主婦の役というイメージがなかったのですが、今回2人で地に足が着いた夫婦役を演じられるということと、夫婦のシーンではクスッと笑える部分もあるので、楽しみたいです。木村さんとは以前にも恋人同士という設定で共演させていただきました。ユースケさんとはバラエティ番組でご一緒したことはありますが、ドラマでの共演は初めてです。みなさんとご一緒できるのが楽しみです。

Q.視聴者にドラマの見どころとメッセージをお願いします
結婚とはこういうものかなと、若い世代の方に想像してもらったり、実際に結婚されている方々には共感していただけるような「あるある」が詰め込まれています。大人の方や結婚されている方はもちろん、若い世代の方にも楽しんでいただける作品になると思います。

ユースケ・サンタマリアさん
Q.今回のドラマについて
大まかなストーリーをみると、よくあるドロドロ系のドラマかなと思われるかもしれませんが、最終的な着地点は全然違うドラマです。この歳になったからこそ、やれる役ですし、今の流行りを狙ったような作品にはならないと感じたので、やりたいと思いました。
新しい、2018年最新型の夫婦のドラマになると思います。

Q.演じる役柄について
一見、好かれる人間ではないと思いますが、僕は好感を持ちました。わざと嫌われる役や、いやな奴を演じようとは思っていませんし、茄子田太郎としても自分が信じてることを言動に起こしたら、世間的にはちょっと間違っている。そういう人いますよね。きっと、皆さんのまわりにもたくさんいるような人間だと思います。でも、エンターテインメントとしては、男性の言いたいことを体言しているところに共感できる存在だと思います。

Q.共演者について
中谷さんとは、同じ作品に出演することはあったのですが、同じシーンで演じるのは初めてです。本当になかなかお会いできなくて、バラエティ番組にゲストで来ていただいたことが最近あり、一緒にお芝居したいと思っていたので“時がきた”という感じです。
玉木さんとは、バラエティ番組で少しお会いしましたが、本格的にご一緒するのは初めてで、楽しみにしています。
木村さんは、本当に昔から縁のある女優さんです。これまで一番多く夫婦役をやっているという特別な存在で、今回も夫婦役だからこそ、今までとは違った関係性をお見せできればと思っております。
ありそうでなかった4人のキャスティングに注目してください!

Q.視聴者にドラマの見どころとメッセージをお願いします
人間関係の変化の過程で、それまで溜め込んできたそれぞれの思いや、実はこういうことを思っていたというのが、浮き彫りになってきます。普通に生活していても、一見、まともに見えるひとが、実は内面ですごく極端な考え方を持っていたり、すごく変わったひとだなと思っても、内面は誰よりも誠実な考え方を 持っていたりすることがあると思います。このドラマでも、どんどん登場人物の見え方と関係性が変わってくるところを楽しんでいただきたいです。

木村多江さん
Q.このドラマはどういったドラマですか?
心の穴を埋めたくて、自分の居場所を探している人達の話です。

Q.演じる役柄について
本当の自分を押し殺しながら、今が幸せと思い込んでいる女性です。
寂しさを埋め、本当の自分をわかってくれる男性と出会い、おちていきます。

Q.共演者について
(中谷)美紀ちゃんとユースケさんは何度も共演し、信頼できる楽しみな方々です。
玉木さんは2度目ですが、真摯にお芝居される方。
皆さんと化学反応し合いながら、心がチクチクするようなドラマを作れたらと思います。

Q.視聴者にドラマの見どころとメッセージをお願いします
誰かといても孤独で、その隙間をなんとか埋めたくてもがいている人達が、どうなっていくのか…。
皆さんの心の隙間をのぞきながら、ドラマの人達の心をのぞき見してください。

編成担当・高橋正尚
この作品の最大のテーマは「夫婦の絆」。一見すると普遍的に思えますが、それぞれの夫婦には、それぞれ異なる夫婦の形があるものです。そこで我々は、100人に及ぶ奥様たちに取材をさせていただきました。すると…出るわ出るわ、“夫婦のあるあるネタ”や“妻のホンネ”など、リアルな日常から生まれたからこそ、つい聞き入ってしまうエピソードをたくさんいただくことができました! 別の家の話なのに、「それ、うちと一緒!」と思わず笑ってしまうお話や、胸が熱くなるような「あたたかい信頼関係」を感じる愛にあふれた逸話もあり…。それら取材で得た貴重なエピソードと原作の素晴らしさと融合させて、“今この時代に生きる夫婦”の生き様に思いっきり共感していただけるドラマを目指したいと思っております。
物語は、二組の夫婦を中心に展開していきます。ただひたすらに平穏で、平凡な暮らしが続いていくのだ…と思いこんでいた夫婦に突如巻き起こる“落ちてはいけない恋”。それをきっかけに気づいてしまった、足元に広がる暗く深い落とし穴…。
どんな夫婦にも、今すぐに起こるかもしれない危機。でも実際に起きてしまったら、その時自分はどうその危機に向き合い、どんな決断を下すのか? 正に「夫婦の絆」や「家族への愛情」が試される瞬間──。いつも一緒にいるからこそスリリングで、でも互いに奥底で繋がっていると信じてる…そんな一筋縄では行かない「夫婦」という奇妙な関係。
結婚されている方も、これから結婚される方も、是非楽しんでご覧いただけたら幸いです。

出演者

佐藤 真弓さとうまゆみ(41)…中谷 美紀
結婚生活13年目。夫・秀明と娘の麗奈の三人家族。28歳の時、妊娠をきっかけに秀明と結婚し、勤めていた旅行代理店を退職、それ以来専業主婦を続けてきた。
面倒見の良い長女タイプにして、だいぶ“強め”の妻。家事は苦手。四角い部屋を丸く掃除するタイプで、よく言えば、おおらか。
あれこれ不満を言いつつも夫である秀明を愛しているが、結婚して10年以上が経ち、顔を見ればつい憎まれ口を叩いてしまう。麗奈の中学受験が終わり、子育てにひと段落ついた矢先に旅行代理店時代の同期・由紀と再会。由紀から再就職を薦められ、真弓を過小評価する秀明への対抗心から、職場への復帰を決める。
専業主婦から、働く主婦へ…! しかし、家族を守ろうと家事に仕事に奮闘すればするほど、秀明の心は離れていく様子で…。

佐藤 秀明さとうひであき(39)…玉木 宏
真弓の夫。住宅販売会社に勤務している。結婚生活における、男性の身も蓋もない本音、“妻には決して言えない本音”を抱えている男。
几帳面で細やか。真弓の前で口にはあまり出さないが、心の中ではかなりの毒舌家。真弓に口うるさく言われ節約は心がけているが、着るものや身につけるものには、こだわりがある。
真弓が仕事を始めたことで、さらにスレ違いが生じる。その居心地の悪さから、衝動的に真弓とは対照的な綾子に惹かれていく。

茄子田 太郎なすだたろう(47)…ユースケ・サンタマリア
男は外で働くもの、女は男を支えるものという、この時代に清々しいほどの時代錯誤な家族観の持ち主。
割り勘で消費税分しか払ってないのに奢ってやった感を出す、美しい妻の写真を見せ、自慢しながらのセクハラ…など、女性が男性に思う“残念さ”をすべて集結させたような男。本能のままに動くトラブルメーカーである。
客として、妻の綾子とともに秀明の働く会社のモデルハウスを訪れるが、別のところで、真弓とも知り合うことになり、二つの夫婦が歪に交差し合っていく。

茄子田 綾子なすだあやこ(43)…木村 多江
主婦として完璧な女性。夫・太郎と息子、太郎の両親と同居している。
主婦としての真弓とはあらゆる面で対称的な存在。太郎にはひたすら従順で、むしろ人付き合いをするほうが苦手なため、反抗などはしてこなかった。必要以上に外出せず、家事に没頭することで、自分を“幸せ”だと納得してきた綾子だったが、秀明との出会いに運命を感じ、惹かれていく。

スタッフ

原作:
山本文緒
「あなたには帰る家がある」(角川文庫刊)

演出:
平野俊一
(『ブラックジャックによろしく』『逃亡者 RUNAWAY』『輪舞曲─ロンド─』『ブラッディ・マンディ』『S─最後の警官─』)

脚本:
大島里美

編成担当:
高橋正尚
中井芳彦

プロデューサー:
高成麻畝子
(『Around40〜注文の多いオンナたち〜』『アリスの棘』)
大高さえ子
(月曜名作劇場『今野敏サスペンス 確証~警視庁捜査三課』)

製作:
ドリマックス・テレビジョン
TBS

ページトップへ