ナマイキ!あらびき団 #35

出演

【MC】ライト東野(東野幸治)、レフト藤井(藤井隆) 【ゲスト】ケンドーコバヤシ 【あらびきパフォーマー】ハリウッドザコシショウ、ギャルズ、よしもとゴリ推し爆売れ軍団(ムーディー勝山、若井おさむ、ネゴシックス、天津向)

  • 放送未定

他の番組が紹介しないような斬新な芸人、大道芸人、マジシャン、何か一芸に秀でた「すごい素人」など、新たなエンターテイナーを発掘してきた「あらびき団」がTBSチャンネル2で復活! この番組は地上波TBS系の深夜番組として放送され、人気を博した番組だけに復活を待ち望んでいたファンも多いはず。
地上波放送時から進化した、CSオリジナルとして新作がスタートする「あらびき団」。より磨きがかかった東野幸治と藤井隆のMCトーク、“あらびき芸”のパフォーマンスの数々にご期待下さい!

【番組内容】
今回はスタジオでゲストのケンドーコバヤシとMr.あらびきこと“ハリウッドザコシショウ”の共演が実現!

番組冒頭でザコシショウは、奇声をあげながらペンで画用紙にぐるぐると円を描き続けるという、これぞあらびき芸というパフォーマンスを披露!養成所時代からずっと仲が良いケンコバは、「もってるものを全部出せていた」と温かいコメントを残す。この様子にライト東野は「甘やかしたらアカンぞ!」とダメを出す。
その後、ザコシショウの話題でもちきりだったスタジオに本人が登場!ケンコバと21年前からやっているというネタを披露し、スベるという幸先の悪いスタートを切る。さらにザコシショウの登場のためか、ケンコバの歯切れもが悪くなるなど、スタジオは珍しく不穏な空気が漂い始めてしまう。しかしAMEMIYAやバイキングなど、ザコシショウと仲の良い芸人はどんどん売れていくということに話題が及ぶと、東野が「ザコシショウは笑いの神なのではないか」と持論を展開していく。そこからザコシショウと東野の2人の掛け合いが始まり、スタジオは大盛り上がりへ!

番組基本情報

  • 制作年 : 2013年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS/吉本興業
  • プロデューサー : 矢島公紀
TBS1 TBS2