ナマイキ!あらびき団 #23

出演

レフト藤井(藤井隆)、ライト東野(東野幸治)、あらびきパフォーマー(三又又三、ハブ、ダックス宮本、ハミングバード)

  • 放送未定

他の番組が紹介しないような斬新な芸人、大道芸人、マジシャン、何か一芸に秀でた「すごい素人」など、新たなエンターテイナーを発掘してきた「あらびき団」がTBSチャンネル2で復活! この番組は地上波TBS系の深夜番組として放送され、人気を博した番組だけに復活を待ち望んでいたファンも多いはず。
地上波放送時から進化した、CSオリジナルとして新作がスタートする「あらびき団」。より磨きがかかった東野幸治と藤井隆のMCトーク、“あらびき芸”のパフォーマンスの数々にご期待下さい!

【番組内容】
最初は、初登場の三又又三が「三又ダンス」を披露。
「芸歴25年、46歳、独身、来年頑張ります、売れてる芸人はほとんど後輩」と自嘲しながらパンツ一枚で踊るのだが…。

次は、ハブお馴染みの「星座の紹介」。
今回はなんと動く流星群も表現!
「いろんなことを試行錯誤しながら唯一無二の存在になろうとしている」と東野も絶賛!

続いては、初登場のダックス宮本の「ほくろ占い」。
ほくろは生まれたときはゼロで、その後の人生を反映し、現れる場所が変わるという。レディガガやマドンナは運気をよくするために「付けぼくろ」をしているという。レディガガやマドンナの例を出されると説得力は増すのだが、当の宮本の占いのキャリアはというと…。

最後は、初登場の“熟女アイドルコーラスグループ“ハミングバードが「東京マラソンのために作った曲」を披露。
普段はイベントで活動し、熟年、中高年のファンも増えているという。ミステリーウーマンの時にはリズムをとっていたレフト藤井だが、同じ歌芸でもこれには微動だにしなかった。

番組基本情報

  • 制作年 : 2013年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS/吉本興業
TBS1 TBS2