ナマイキ!あらびき団 #19

出演

レフト藤井(藤井隆)、ライト東野(東野幸治)、COWCOW、あらびきパフォーマー(ソドム、さんびーち、ジャングルポケット斉藤、とろサーモン村田)

  • 放送未定

他の番組が紹介しないような斬新な芸人、大道芸人、マジシャン、何か一芸に秀でた「すごい素人」など、新たなエンターテイナーを発掘してきた「あらびき団」がTBSチャンネル2で復活! この番組は地上波TBS系の深夜番組として放送され、人気を博した番組だけに復活を待ち望んでいたファンも多いはず。
地上波放送時から進化した、CSオリジナルとして新作がスタートする「あらびき団」。より磨きがかかった東野幸治と藤井隆のMCトーク、“あらびき芸”のパフォーマンスの数々にご期待下さい!

【番組内容】
まずは芸歴4年、26歳のソドムが「トナカイを作る工場」というネタでチャレンジ。
次々と出てくるトナカイは父のおもちゃ工場からただでもらってくるという。
不思議と完成された世界観に、ライト東野は「これは30分芸」とある種のリスペクトを示す。

続いては、あらびき団初登場の二人組、さんびーち が、「新しいスポーツ」を開発?する。
「嫁を食わせていくにはどうしたらいいのか?」「後輩のキンタローが売れて焦っている」など切実な悩みを持ちながら芸歴6年目を迎える二人が「開発」したスポーツとは一体どんなものなのか?

次は、ジャングルポケット斉藤が、「演技芸」を披露する。 するとレフト藤井の役者としてのキャリアを高く評価しているライト東野は、藤井に齋藤との演技対決を持ちかける。すると藤井は、「芝居の前には1時間ストレッチをやる」とストレッチを始めるがなかなか終わらず…。

最後は、とろサーモン村田。 「ある芸人のドキュメンタリーを撮影」。
その芸人のツイッターはネガティブなことで有名。イライラして引っ張るために首が伸びきったTシャツを着、生きるか死ぬかを迷いながらバイトに出かける。
「芸人とは何か」「芸人として生きることの現実」を突きつける力作に、二人の反応は?

番組基本情報

  • 制作年 : 2013年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS/吉本興業
TBS1 TBS2