独占生中継!ボクシング WBO女子世界スーパーフライ級タイトルマッチ ダニエラ・ベルムデス×高野人母美(2015年11月)

  • 放送未定

モデルボクサー・高野人母美(たかの・ともみ)ついに世界タイトルマッチ初挑戦!こちらも世界初挑戦の神田桃子!ダブル世界タイトルマッチと天笠尚(あまがさ・ひさし)の世界前哨戦をお届け!
高野人母美は、177cm・9頭身の日本人離れしたスタイルでモデルとしても活躍。ここまでの戦績は、プロ9戦8勝5KO1敗、2015年6月にはOPBF東洋太平洋女子スーパーバンタム級王座を獲得した。今回の世界戦にあたり、高野は本来の階級から2階級下げて試合に臨むため、厳しい減量が待ち受けている。そして対戦相手のダニエラ・ロミナ・ベルムデス(アルゼンチン)は、世界王座を戴冠すること4度の実力者。自らの実力を証明するには、この試合に勝利して世界チャンピオンとなるのみ!
神田桃子は、16歳でプロデビュー以来、キャリア13年になる女子ボクシング界のパイオニア的存在。2015年6月に、OPBF女子東洋太平洋アトム級王座を獲得し、ついに世界タイトルへのチャンスを掴んだ。対戦相手の池原シーサー久美子にとっては、今回が3度目の防衛戦。奇しくも日本人同士によるタイトルマッチ、ベルトを掴むのは果たして!?
そして、2014年大晦日にギジェルモ・リゴンドー(キューバ)の持つWBA・WBO世界スーパーバンタム級王座に挑戦した天笠尚。TKOで破れはしたものの、“絶対王者”から2度もダウンを奪うなど、男気あふれる試合を展開した。翌年6月の再起戦に勝利し、「細身の暗殺者」が再び世界への挑戦権を掴むため、満を持して前哨戦に臨む!
激戦必至!果たして、勝利の女神が微笑むのは!?

【対戦カード】
●WBO女子世界スーパーフライ級タイトルマッチ10回戦
王者:ダニエラ・ロミナ・ベルムデス(アルゼンチン)×挑戦者:高野人母美(協栄)

●WBO女子世界ミニフライ級タイトルマッチ10回戦
王者:池原シーサー久美子(フュチュール)×挑戦者:神田桃子(勝又)

●世界前哨戦 フェザー級10回戦
天笠尚(山上)×ネイサン・ボルシオ(フィリピン)

●ライト級8回戦
山田智也(協栄)×恩庄健太(渡嘉敷)

解説:佐藤修
実況・リポーター:土井敏之、赤荻歩、杉山真也

【開催:2015年11月11日 東京・後楽園ホール】

番組基本情報

  • 制作年 : 2015年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
TBS1 TBS2