ボクシング WBA世界フライ級王座統一戦 坂田健史×ロベルト・バスケス(2007年7月)

  • 放送未定

2007年7月1日に有明コロシアムで行われた、WBA世界フライ級王座統一戦「坂田健史×ロベルト・バスケス」。同年3月、4度目のタイトル挑戦でついに悲願のベルトを手にし、世界の頂点に立った坂田健史の初防衛戦となるこの試合。対するロベルト・バスケスは、長いリーチからの強打を得意とすることから「蜘蛛(くも)」の異名を持つパナマの左利きファイター。得意の左ストレートはキレと伸びがある。両者は昨年12月、世界タイトルマッチで対戦しバスケスの左ストレートでダウンを奪われた坂田が、判定負けを喫している。リベンジを誓う坂田は「チャンピオンとしてではなく、挑戦者のつもりで戦う」と、王座獲得に慢心することなく、勝利への熱い闘志を燃やしている。
坂田が雪辱を果たし真の世界王者となるか!? バスケスがその夢を打ち砕くのか!? 運命の一戦!
【対戦カード】
●WBA世界フライ級王座統一戦
正規王者:坂田健史(協栄)×暫定王者:ロベルト・バスケス(パナマ)

解説:鬼塚勝也、佐藤修
実況:新タ悦男(TBSアナウンサー)

【開催日:2007年7月1日 有明コロシアム】

番組基本情報

  • 制作年 : 2007年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 菊池伸之、新名宏次
  • ディレクター・監督 : 古山徹
  • その他 : ※情報は2007年7月1日現在
TBS1 TBS2