ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 具志堅用高×ハイメ・リオス(1977年1月)

  • 放送未定

1977年1月30日に行われた具志堅用高の初防衛戦、WBA世界Jr.フライ級タイトルマッチ「具志堅用高×ハイメ・リオス」。「100年に一人の天才」と言われ、国内最多防衛記録13を打ち立てた具志堅用高。この勝利が長期政権への第1歩となった。

【対戦カード】
●WBA世界Jr.フライ級タイトルマッチ
王者:具志堅用高(協栄)×挑戦者:ハイメ・リオス(パナマ)

解説:郡司信夫
実況:岡部達

【開催日:1977年1月30日 日本武道館】
右ジャブを飛ばすサウスポーの具志堅に、変則的なリオスがいきなりの右フックと右ストレートを放つ展開。3Rにこの右フックでダウンを奪う。再開後、具志堅はすぐ反撃に転じ、4Rにはボディにパンチを集中してペースを奪い返した。その後も、左右のアッパーを中心によく打ち合い、リオスも右で対抗する。しかし、パワーで勝る具志堅がこれ以降も優位に試合を進めていった。

番組基本情報

  • 制作年 : 1977年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • その他 : ※情報は1977年1月30日現在
TBS1 TBS2