音楽の巨人たち〜TBSのライブラリーから、50年ぶりによみがえる〜 #3 カテリーナ・ヴァレンテ(1963年)“TBS スタジオ”

出演

カテリーナ・ヴァレンテ

  • 放送未定

TBSが保有する映像ライブラリーの中から半世紀の時を経て発掘された貴重な洋楽・ジャズの巨匠たちの名演を放送します。

第3回は、ポップス、ジャズ、シャンソン、ボサノバなど多彩なレパートリーを持ち、歌の通訳と呼ばれた“カテリーナ・ヴァレンテ”。

1963年にTBSのスタジオで収録された希少な映像は必見です。「エリーゼのために」をアレンジした楽曲で、日本でも広く知られる「情熱の花」をフランス語で披露。また、「Mack The Knife」をドイツ語で、「サクラ」を日本語で熱唱します。他に「BLUE MOON」「チャオ」など当時の人々を魅了した名曲が目白押し。時に艶やかに、時に情熱的に歌い上げるヴァレンテの姿が蘇ります。


※本作は1963年4月13日、同年4月20日にわたって『7時にあいまショー』内において、『カテリーナ・バレンテ・ショー』としてTBSで放送されたものです

番組基本情報

  • 制作年 : 1963年
  • ディレクター・監督 : 荻原啓一
  • その他 : ※モノクロ作品
TBS1 TBS2