映画「おしん」

出演

濱田ここね、上戸彩、岸本加世子、井頭愛海、小林綾子、満島真之介、乃木涼介、吉村実子、ガッツ石松、稲垣吾郎、泉ピン子 ほか

  • 放送未定

1983年に放送された橋田壽賀子原作、NHK朝の連続テレビ小説「おしん」を映画化。主人公のおしんを演じるのは、オーディションで約2500人の中から選ばれた、濱田ここね。母・ふじを演じる上戸彩は、極寒の最上川での入水シーンなど、女優魂を発揮して役に挑む。父・作造には、稲垣吾郎。愛する家族につらい思いを強いねばならぬ父親の苦悩を、たしかな演技力で表現する。おしんの奉公先である加賀屋の大奥様・くにには、泉ピン子。ドラマでふじを演じた泉ピン子が、本作ではおしんの人生に灯をともす大役を務める。撮影は、厳冬期の山形県でオールロケーションを敢行。おしんの少女時代に焦点を当て、美しく厳しい大自然を舞台に、数々の困難にぶつかりながらも家族を想い、ひたむきに愛らしく成長していくおしんの姿を映し出す。

【映画ストーリー】
明治40年(1907年)、不作のため困窮を極めた谷村家では、7つのおしんが奉公に出される事となる。初めは家族と離れる事に抵抗したおしんだが、母のふじがおしんを手もとに残すために冷たい川に浸かり、お腹の子どもを堕胎しようとする姿を見て、おしんは奉公に出る覚悟を決めるのだった。最初の奉公先の中川材木店では、早朝から夜遅くまで、働き詰めの毎日を強いられた。女中頭・つねのきついしごきに耐えながら、おしんは我慢強く奉公を続けた。しかし店の財布から50銭銀貨がなくなり、盗みの疑いをかけられたとき、吹雪の中、黙って店を飛び出してしまう。

番組基本情報

  • 制作年 : 2013年
  • 全話数 : 1話
  • ディレクター・監督 : 冨樫森
  • 原作 : 橋田壽賀子
  • 脚本 : 山田耕大
  • 主題歌 : Belief 〜春を待つ君へ〜
  • 歌手 : flumpool × Mayday(A-Sketch)
  • その他 : テーマ曲:「おしんメインテーマ」作曲/坂田晃一
TBS1 TBS2