映画「駿河遊侠傳 賭場荒し」

出演

勝新太郎、瑳峨三智子、藤村志保、天知茂、大辻伺郎、丸井太郎、小林勝彦、進藤英太郎、山本礼三郎、須賀不二男、水原浩一、伊達三郎、守田学、早川雄三、毛利郁子、香川良介 ほか

  • 放送未定

勝新太郎主演の時代劇映画「駿河遊侠傳」シリーズ第1弾。賭場でイカサマを見破られ修業に出た清水港の次郎が、道中で博打の大勝負やさまざまな出会いを通じて男として成長していく。「賭場のサイの目思いのままだが、女ごころはままならぬ」という次郎の豪快な生きざまを勝が威勢よく演じる。共演は瑳峨三智子、藤村志保、天知茂、大辻伺郎ほか。原作は子母沢寛。1964年作品。

【ストーリー】
“清水港の長五郎”こと次郎(勝新太郎)は、旅の坊主に2、3年の命だと占われ、自棄になってイカサマ博打をするやくざになっていた。ある日、相棒の髪常(大辻伺郎)とともに東海一の大親分・安東村の文吉(香川良介)の縄張りで打ったイカサマが見破られ、危うくす巻きにされて沼に沈められるところだが、文吉の温情に助けられる。文吉に男の貫禄を教えられた次郎は、本腰を入れて修行をやり直そうと決心し、髪常を伴って旅に出る。

番組基本情報

  • 制作年 : 1964年
  • 全話数 : 1話
  • ディレクター・監督 : 森一生
  • 原作 : 子母沢寛
  • 脚本 : 新藤兼人
TBS1 TBS2