兼高かおる世界の旅
close

兼高かおる世界の旅

日本のテレビ史上に燦然と輝く、紀行番組の金字塔「兼高かおる世界の旅」。1959年から31年もの間、150カ国余りを駆け巡った貴重な映像がここに甦る。

詳しく見る

兼高かおる【声の出演】兼高かおる、芥川隆行

今・来月放送
ドキュメンタリー

みどころ

日本のテレビ史上に燦然と輝く、紀行番組の金字塔「兼高かおる世界の旅」。1959年、当時の日本人にあまり馴染みがなかった世界各地を駆けめぐり、その風俗・文化・歴史などを紹介する本格的海外取材番組としてスタート。日曜の午前中はこの番組を見なければ1日が始まらないとまで言われるほど、多くの視聴者に親しまれ、31年もの長寿番組となった。訪れた国の数は150カ国あまり、地球を180周した計算になる。
兼高かおるは、ナレーター、ディレクター、プロデューサーを全て一人でこなし、当時の国家元首から秘境の地に住む村人まで様々な人々と接し、幾多の冒険にも果敢に挑戦した。民間人の海外渡航が自由にできなかった時代。彼女の「世界をお茶の間に運ぶのが私の仕事」という言葉通り、実際に自らの目で見てきた、手で触れてきた世界の旅。すべてが番組内の貴重な映像の数々に凝縮されている。


【3月のラインアップ】
★「スージーリーの生活」#514(1970年12月20日放送)【カラー】
放送当時は10万人以上いた、香港の水上生活者を紹介していく。水上生活者であり、軍艦の清掃を生業とする女性・スージーに密着。彼女の家は船が6艘あり、キッチン・寝室・リビングがそれぞれ船として独立している。テレビや冷蔵庫もあり電源はバッテリー、プロパンガスも完備されている。いつか地上に住むのが夢だという。

★第33次取材ハイライト(アメリカ編)(1971年1月10日放送)【カラー】
アメリカ合衆国のレポートをハイライト形式で紹介していく。フロリダでは、個人所有の自然動物園や飛行船を取材。飛行船には兼高も実際に乗ることに。その後は、ミシシッピ河でこの日が最後の運行となった木造船や泥沼を走らせるカーレースの模様をレポート。レースに使用する車両を実際に運転させてもらう。そのほか、サンタントニオやケープケネディなど、取材した北米地域を紹介する。

★「アメリカのサファリ」#515(1971年1月17日放送)【カラー】
フロリダにあるモンキーパークを紹介していく。この地に生息する猿は「新世界猿(広鼻猿)」に分類され、日本やアジア・アフリカに生息するものとは顔立ちなどが異なる。メキシコ湾でイルカと戯れた後、個人が経営するサファリパークへ移動。広さは約400エーカー、ライオンは全部で140頭。そこでキリンや象の子どもと触れ合う。

★「ギャリオンとアポロ」#516(1971年1月24日放送)【カラー】
宇宙への玄関口・ケープケネディの「新」と「旧」の姿を紹介していく。野外博物館、ロケットの組立工場、ロケットの管制塔&発射台などを取材するほか、アメリカでいちばん古い街のひとつ、セイントオーガスティンも紹介。また、セイントオーガスティンで取り組まれている「歴史の復元」をレポートする。

★「ピエロ誕生」#517(1971年1月31日放送)【カラー】
アメリカ合衆国・フロリダを紹介していく。かつてのサーカス王の家や、サーカスに関する資料が展示されているミュージアムを訪問。その後、道化師を養成するカレッジを訪ねる。講義の様子などを紹介する中で、兼高もピエロのメイクを施してギャグの訓練に参加する。

続きを読む

番組データ

出演 兼高かおる【声の出演】兼高かおる、芥川隆行
制作年 1959年
制作 TBS

放送内容

放送あり

全て

さらに読み込む

毎週(土)午前6:30〜午前7:00
【再】翌週(土)午前6:00〜午前6:30

放送予定

このページをシェアする

視聴方法

TBSチャンネルは、CS有料放送です。下記のサービスでご視聴いただけます。