兼高かおる世界の旅
close

兼高かおる世界の旅

日本のテレビ史上に燦然と輝く、紀行番組の金字塔「兼高かおる世界の旅」。1959年から31年もの間、150カ国余りを駆け巡った貴重な映像がここに甦る。

詳しく見る

兼高かおる【声の出演】兼高かおる、芥川隆行

今・来月放送
ドキュメンタリー

みどころ

日本のテレビ史上に燦然と輝く、紀行番組の金字塔「兼高かおる世界の旅」。1959年、当時の日本人にあまり馴染みがなかった世界各地を駆けめぐり、その風俗・文化・歴史などを紹介する本格的海外取材番組としてスタート。日曜の午前中はこの番組を見なければ1日が始まらないとまで言われるほど、多くの視聴者に親しまれ、31年もの長寿番組となった。訪れた国の数は150カ国あまり、地球を180周した計算になる。
兼高かおるは、ナレーター、ディレクター、プロデューサーを全て一人でこなし、当時の国家元首から秘境の地に住む村人まで様々な人々と接し、幾多の冒険にも果敢に挑戦した。民間人の海外渡航が自由にできなかった時代。彼女の「世界をお茶の間に運ぶのが私の仕事」という言葉通り、実際に自らの目で見てきた、手で触れてきた世界の旅。すべてが番組内の貴重な映像の数々に凝縮されている。


【7月のラインアップ】
★「第19次ハイライト 取材旅行を終えて」(1968年2月4日放送)【モノクロ】
オーストラリアのシドニー、ブリスベン、ニュージーランドのオークランド、トンガ、イタリアのアオスタ、フランスのグルノーブル、スイスのマッターホルンを巡った際のハイライトシーンを紹介する。オーストラリアの動物園でコアラを抱いたり、犬の背中にしがみついて園内を周るめずらしい特技を持ったコアラを紹介する。

★「シドニーはいま夏」#381(1968年2月11日放送)【カラー】
シドニーとその近郊の夏の姿を紹介する。撮影が行われた11月は、南半球のオーストラリアでは初夏。7月の最も寒い時期でも11度くらいまでしか下がらないという。全身ずぶ濡れになりながら、浜に迷い込んだクジラを海に帰すのを手伝う。そして、サメのいる水槽に勇敢にも入っていく。また、放送当時は未完成だったオペラハウスも撮影されている。

★「白銀のアルプス」#383(1968年2月25日放送)【カラー】
アルプスのスキー場を紹介する。マッターホルンの南に位置するチェルビニア。ここは、若者にとってはスキーを楽しむ場所だが、空気がいいため年配者にも人気のある観光地である。紀元前25年に造られたという古い町・アオスタや、クールマイヨールを訪問。また、とうもろこしの粉を練って作る郷土料理のポレンタや、オレンジの皮を入れたコーヒーなどを楽しむ。

★「雪のバーモント」#386(1968年3月17日放送)【カラー】
雪と氷に覆われた、アメリカ・バーモント州を紹介する。比較的小さな州ではあるが、観光客にとても人気のあるバーモント州。スキー場に面したホテルでは、毎週金曜日に「婦人デー」を設けている。子供はベビーシッターに預けることができ、母親たちはスキーにおしゃべりにと1日を満喫できるこのプランは大人気。また、映画にもなった名作「サウンドオブミュージック」のトラップ家を訪れ、マリア・フォン・トラップと面会する。

★「南海の王国」#387(1968年3月24日放送)【カラー】
南太平洋のトンガ王国を紹介する。どこかゆったりした雰囲気のトンガ。ラバラバと呼ばれる巻きスカートのような民族衣装を身に着けた国王に謁見する。また、ヤシの実の繊維で作られたブラシや縄などを作る工程を見学。ヤシは、トンガが最も多く輸出している作物。そのほか、日本の鳥居によく似た「ハアモンガ」を訪問する。

続きを読む

番組データ

出演 兼高かおる【声の出演】兼高かおる、芥川隆行
制作年 1959年
制作 TBS

放送内容

放送あり

全て

さらに読み込む

毎週(土)午前6:30〜午前7:00
【再】翌週(土)午前6:00〜午前6:30

放送予定

このページをシェアする

視聴方法

TBSチャンネルは、CS有料放送です。下記のサービスでご視聴いただけます。