日曜劇場「女の休暇」
close

日曜劇場「女の休暇」

若尾文子主演、石井ふく子プロデュースで贈るドラマ。「女の休暇の意味とは」をテーマに、初めて休みを取って東京へ出かけた農家の主婦の数日間を描く。

詳しく見る

若尾文子、佐藤英夫、岩田直二、村瀬幸子、佐藤久里子、深谷みさお、中村健介、高田美和、横山道代、鈴木光枝、杉浦直樹 ほか

来月放送
ドラマ・時代劇

みどころ

若尾文子主演、石井ふく子プロデュースで贈るドラマ。物語は「女の休暇はあるのだろうか。女の休暇の意味とは」をテーマに、初めて休みを取って東京へ出かけた農家の主婦の数日間を描く。若尾文子がモンペにブラウス姿で活き活きと“農家の嫁”を演じた。田舎の農家に嫁いでから忙しい日々を送っていた香久子は、ある夏、東京から遊びに来て好き放題する夫の妹を前に妙案を思いつく。1974年作品。

【ストーリー】
農家の嫁・香久子(若尾文子)は、いつも忙しい毎日を送っていた。今年も夏になると、夫・良作(佐藤英夫)の妹・つる子(横山道代)が子どもたちを連れて東京からやってきた。長逗留し、勝手な行動をとって香久子を困らせるつる子たち。香久子の立場に姑の民子(村瀬幸子)さえも同情する始末だった。そこで香久子は、あるプランを実行することにした。つる子の逗留中に子どもと一緒に休暇を取り、東京に行ってみようと考えたのだ。香久子が宿と決めたつる子の家には、夫の均平(杉浦直樹)がひとりで留守番をしている。姑からは反対も出たが、香久子は遠縁にあたる老女・さい(鈴木光枝)にも同行してもらうことで許可を取ることに成功して…。

続きを読む

番組データ

出演 若尾文子、佐藤英夫、岩田直二、村瀬幸子、佐藤久里子、深谷みさお、中村健介、高田美和、横山道代、鈴木光枝、杉浦直樹 ほか
制作年 1974年
全話数 1話
制作 TBS
プロデューサー 石井ふく子
ディレクター・監督 山本和夫
原作 平岩弓枝
脚本 平岩弓枝

放送内容

放送あり

全て

さらに読み込む

8/10(土)午前7:00〜午前8:00
8/13(火)午後10:00〜午後11:00

このページをシェアする

視聴方法

TBSチャンネルは、CS有料放送です。下記のサービスでご視聴いただけます。