警視庁機動捜査隊216 episode10 引鉄

出演

沢口靖子、赤井英和、吉田栄作、雛形あきこ、モト冬樹、松尾諭、斉藤祥太、池内万作、榎木孝明、佐戸井けん太、小倉一郎、長谷直美、伊藤洋三郎、西井幸人、徳重聡、西村まさ彦 ほか

  • 来月放送
  • HD

沢口靖子がクールで冷静沈着な機動捜査隊員・沢村舞子を演じる人気シリーズの第10弾。“機捜”(機動捜査隊)の刑事たちを主軸に、24時間勤務のパトロール中に起こるさまざまな事件を描き出す。今回は、舞子たちが担当している所轄内で、警察官から強奪された拳銃による発砲事件が発生。舞子たちは次なる発砲を防ぐべく、犯人検挙に向けて目を光らせながらパトロールへと出動するが…。2019年作品。

【ストーリー】
ある朝、警視庁第二機動捜査隊目黒分駐所に所属する沢村舞子(沢口靖子)が出勤すると、目黒中央署は多くのマスコミで騒がしくなっていた。それは2日前に山梨で警察官が何者かに襲われたうえ拳銃が奪われ、その拳銃による発砲事件が早朝、所轄内で発生したからだ。狙われたのは巷で“乗っ取り屋”“ハゲタカファンド”などと騒がれている投資ファンド会社「オリエンタルファンド」の代表・木之元陽一(吉田栄作)。だが居合わせた秘書の隅田清彦(長谷川ティティ)が木之元をかばって代わりに撃たれ、意識不明の重体となっていた。管轄内で起こった事件のうえ犯人はまだ捕まっておらず、奪われた拳銃にはまだ実弾が4発も残っていることから、舞子をはじめ当直にあたる金子(赤井英和)、佐藤(斉藤祥太)、松岡(池内万作)は 所長の矢島(モト冬樹)からいつも以上に気合を入れて所轄内のパトロールにあたるよう命じられる。

番組基本情報

  • 制作年 : 2019年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : ユニオン映画/TBS
  • プロデューサー : 元信克則、岡本慶章
  • ディレクター・監督 : 児玉宜久
  • 脚本 : 安井国穂

TBSチャンネル1

来月 12/20(日)深夜3:20〜翌午前6:00

2020年11月
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
2020年12月
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
  • TBSチャンネル1
  • TBSチャンネル2
  • TBSチャンネル1・2

※放送日時は予告なく変更する場合があります。最新情報はEPGをご覧下さい。

  • 12/20(日) 深夜3:20〜翌午前6:00
    • TBSチャンネル1
TBS1 TBS2