女金融道シリーズ

出演

中村玉緒、久本雅美、今井雅之、菊池麻衣子、河相我聞 ほか

  • 放送未定

中村玉緒演じるローン会社の社長・大河内双葉が、ヤミ金融に泣かされる人々を救うために活躍する姿を爽快に描く。ある日、ヤミ金融に金を借りて困っている女性が双葉のもとを訪ねてくる。彼女は双葉に救済されるが、何者かに殺されてしまい…。ヤミ金融に引っかかりながらも事件調査に協力する山田数子を久本雅美が好演。中村と久本が繰り広げるコミカルなやり取りも見どころ。2003年作品。

【ストーリー】
街金融「双葉ローン」の社長で司法書士の資格を持つ大河内双葉(中村玉緒)は、ヤミ金融を憎み、日夜人々の救済のために働いている。双葉の右腕、武藤誠吾(今井雅之)は元刑事。三波光太郎(鴈龍太郎)、石渡宣子(清水ひとみ)たちも悪を憎み、双葉の活動を支えている。そんな双葉ローンに、藤沢圭織(菊池麻衣子)という女性が訪ねてきた。彼女はヤミ金融「ラブキャッシュ」に多額の借金があるという。双葉は圭織とともにその会社を訪ね、違法な取り立てを止めるよう掛け合った。圭織は双葉の会社に金を借り直し、少しずつ返済することになった。しかし、双葉は圭織が高額な美容歯科に通っていることを知り、不審に思う。その頃、食品会社で働いている派遣社員の山田数子(久本雅美)は見合いパーティーに参加するため、ラブキャッシュで金を借りていた。数子はパーティーで青年実業家の高岡裕司(宮下直紀)とその友人の歯科医・伊達祐介 (河相我聞)と知り合い、リッチな気分を味わうが、参加費、二次会と出費がかさみ、借金を重ねる。そんなある日、双葉と武藤は圭織のアパートで首を絞められて死んだ圭織を発見する。そこへ数子も訪ねてきた。数子は圭織の姉・多岐(古川理科)の友人で、多岐も5年前に何者かに殺されたという。多岐と圭織の姉妹の死にヤミ金融が深く関わっていると感じた双葉は、数子の協力を得て真相究明に乗り出す。

番組基本情報

  • 制作年 : 2003年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : ファインエンターテイメント
  • プロデューサー : 森川真行
  • ディレクター・監督 : 伊藤寿浩
  • 脚本 : 石原武龍
TBS1 TBS2