日曜劇場「出会い」

出演

渡辺美佐子、沢田雅美、ハナ肇、柴俊夫、赤木春恵、加藤真知子、森本健介、中島元 ほか

  • 放送未定

きょうだいの愛をテーマに、結婚をめぐる肉親のエゴイズムと絆を描いた人間ドラマ。渡辺美佐子が妹のために生きてきた姉の小枝を、また、沢田雅美が妹の加奈を好演した。親がいないために青春を犠牲にして加奈を育ててきた小枝。だがある日、加奈と弟の結婚に反対する男性の訪問で、加奈が恋していることを知る。「渡る世間は鬼ばかり」の橋田壽賀子が脚本、石井ふく子がプロデュースを担当。1975年作品。

【ストーリー】
両親を早くに亡くした小枝(渡辺美佐子)は、妹の加奈(沢田雅美)を親代わりになって育て、大学まで卒業させて薬剤師にした。加奈には恋人がいたが、小枝の苦労や心中を思うと、容易にそれを口に出せずにいた。ある日、小枝が勤める鳥料理屋へ明(ハナ肇)という中年男性がやって来た。明は、弟の稔(柴俊夫)が加奈と結婚すると言い出したので2人の仲を裂いてほしいと頼みに来たのだった。加奈のことを男を惑わす性悪女のように語る明に、最初は戸惑っていた小枝も怒りが爆発。望まれたって加奈を明の弟になどやるものか、と言い放った。加奈に裏切られたという思いもあって怒りのおさまらない小枝は、帰宅した加奈に平手打ちする。2人は姉妹ゲンカを始めるが、加奈は弟思いの明の心情を察して稔との仲をあきらめると言い出す。一方、小枝は、明の思い通りにさせるぐらいなら2人を結婚させてやろうと考え始めて…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1975年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 石井ふく子
  • ディレクター・監督 : 鴨下信一
  • 脚本 : 橋田壽賀子
TBS1 TBS2