冠婚葬祭探偵

出演

中村玉緒、神田正輝、さとう珠緒、中原果南、安岡力也、森本レオ ほか

  • 放送未定

『ゴミは殺しを知っている』シリーズでコンビを組んできた中村玉緒とさとう珠緒のダブルたまおに神田正輝を加えた、新たな探偵トリオが活躍するサスペンス。冠婚葬祭会社の社長・福本華恵(中村)と娘の飛田寿恵(さとう)、寿恵の夫・飛田博人(神田)が、連続殺人事件の謎に挑む。3人がそれぞれの魅力を発揮した、コミカルながらも味のある演技は見どころ。2007年作品。

【ストーリー】
福本華恵(中村玉緒)は冠婚葬祭会社「福本商会」の社長。娘の飛田寿恵(さとう珠緒)とその夫、飛田博人(神田正輝)もともに働き、結婚式も葬儀も真心を込めて執り行うことを会社のモットーとしている。浮気が原因で華恵と離婚した元夫・幸吉(森本レオ)も経理担当として会社を支えている。ある日、会社に葬儀の依頼の電話が入る。大手宝石会社・沢渡宝石の会長を務める沢渡要蔵(野村昇史)の三女・桜子(遠野舞子)が自殺したというのだ。要蔵は病気で危篤状態になっており、彼が死ねば莫大な遺産が3人の娘に渡るはずだった。桜子の遺体を葬儀のために浄めようとした華恵は、首に残った傷の異変に気付く。警察が呼ばれ、桜子は何者かに殺害されたことが分かった。桜子の姉妹である菊子(中原果南)と百合子(寺田千穂)、そして彼女たちの配偶者は遺産をめぐっていがみ合っており、お互いを桜子殺害犯だとののしり合っていた。桜子の通夜がひっそりと営まれている中、要蔵が息を引き取り、彼の遺言が公開される。しかしそこには、要蔵の隠し子の名前が相続人として記されていた。その隠し子・日向亜佐美(一戸奈美)は偶然にも博人の友人の姪だと分かる。菊子たちが亜佐美に桜子殺害の疑惑の目を向ける中、今度は百合子が何者かに殺される。警察は遺産をめぐる連続殺人事件とにらみ捜査を進めるが、華恵はひとつどうしても気になることがあった。

番組基本情報

  • 制作年 : 2007年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : ファインエンターテイメント
  • プロデューサー : 森川真行
  • ディレクター・監督 : 五木田亮一
  • 脚本 : いとう斗士八
TBS1 TBS2