検察官 沢木穂乃歌2 悪の断層

出演

岩下志麻、大杉漣、床嶋佳子、鶴見辰吾、金田賢一、黒坂真実 ほか

  • 放送未定

岩下志麻主演。正義感に燃える検察官・沢木穂乃歌が、迷宮入り寸前の刺殺事件から巨悪の正体を解き明かしていくサスペンス。幸せに暮らしていた一家を借金地獄へ突き落とし、家族を崩壊させたのは一体誰なのか。大杉漣と岩下による夫婦のやりとりも見どころ。2005年作品。

【ストーリー】
消費者金融会社社員の杉本(伊方勝)が白昼の競馬場で殺された。杉本は普段から女性関係やギャンブルでトラブルを起こしていて、借金の取り立てでもその強引さのせいでもめ事が多かった。しかし社長の神山(鶴見辰吾)は殺人犯の心当たりはないという。警察は杉本に恨みを持つ人間を調べるが、全員にアリバイがあった。行き詰まりかけた捜査に、検察官の沢木穂乃歌(岩下志麻)が協力することに。穂乃歌は杉本の会社からの借金が原因で倒産し、病に倒れた末に自殺に追い込まれた原島(伊藤幸純)の周辺を探り始める。すると、原島の妻も夫の看病疲れで病死したことが判明。原島の娘・恭子(床嶋佳子)は5年前の一家の不幸を封印するように、穂乃歌の聴取を拒否した。やがて、穂乃歌は原島が経営していた会社の倒産の原因を突き止めた。順調だった原島の会社に目を付けた取引先の銀行が、あるとき原島にビルの購入を持ちかけた。その銀行担当は恭子のフィアンセ・石塚(金田賢一)だった。初めはまったく耳を貸さなかった原島だったが、恭子の説得でビルの購入を決断。資金は銀行が融資するということだったが、土壇場でその話がなくなり、原島は仕方なくサラ金に手を出した。銀行の突然の裏切りに原島と恭子は激怒したが、石塚は社の方針が変わったと言うだけ。恭子とは破談になり、石塚は別れも告げずに転勤していったらしく…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2005年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : 大野木オフィス
  • プロデューサー : 大野木直之、秋元浩之
  • ディレクター・監督 : 大野木直之
  • 脚本 : 金子成人
TBS1 TBS2