向田邦子新春ドラマスペシャル「花嫁」

出演

泉ピン子、仲間由紀恵、佐野瑞樹、小林綾子、川島海荷、京野ことみ、小林海人、丹羽貞仁、野村昭子、岸本加世子、小林稔侍 ほか

  • 放送未定

向田邦子が書き下ろした珠玉の名作が、泉ピン子、仲間由紀恵、小林稔侍らの共演で再び蘇る。長年暮らしてきた家からの立ち退きが決まり、身の振り方を迫られた還暦間近のちよ。彼女に縁談が舞い込んだことをきっかけに、ちよの4人の子どもたちの思いが交錯していくさまを描く。家族のあり方、思いやり、やさしさを多彩な登場人物たちが紡いでいく家族ドラマ。2012年作品。

【ストーリー】
東京・根津界隈の片倉家。亡くなった夫・浩三の七回忌の法要を終えたちよ(泉ピン子)は、別居している長男の良一(佐野瑞樹)に話があると持ちかけられる。家の立ち退きを期に、自分たちとの同居を提案する良一。それに対し、ちよは住み込みで家政婦をすることに決めていると語る。良一と妻の雪子(京野ことみ)は自分たちが笑われると反対するが、ちよは意に介さない。そのやりとりを聞いていた長女の節子(小林綾子)は、ちよに縁談があると割って入った。相手は浩三の親友の黒崎宇一(小林稔侍)、小さな会社を経営している黒崎は3年前に妻を亡くしていた。子どももおらず、老後の蓄えもあるため条件は申し分ないと強く勧める節子に、次女の巴(仲間由紀恵)はちよが可哀想だと反対し、兄妹喧嘩が始まる。その頃、ちよに正式にプロポーズした黒崎も実の妹の波子(岸本加世子)に再婚の決意を告げる。相手のことは何も話さない兄をいぶかしんだ波子は、自分でちよのことを調べ上げ、家まで押しかけてくる。そんな矢先、黒崎の会社が倒産してしまい…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2012年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 石井ふく子
  • 原作 : 向田邦子
  • 脚本 : 黒土三男
TBS1 TBS2