110番通信指令官 秋月翔子

出演

萬田久子、石原良純、北原佐和子、中村メイコ、石橋蓮司 ほか

  • 放送未定

110番通報の迅速な処理を仕事とする通信指令官が、殺人事件の謎に迫る。ベテラン通信指令官の秋月翔子はある夜、「助けて!殺される!」という女性からの110番通報をキャッチ。パトカーが現場に急行するが、女性は死体で見つかり…。萬田久子が翔子役を好演し、石原良純、石橋蓮司ら演技派俳優が脇をかためた見応えたっぷりのサスペンスドラマ。2005年作品。

【ストーリー】
110番通報を迅速に処理し、初動捜査に決定的な役割を果たす通信指令官。ベテラン通信指令官の秋月翔子(萬田久子)は3年前に警察官の夫を亡くしてから、一人娘の沙織(田島穂奈美)と料理屋を営む母・奈緒(中村メイコ)と3人で暮らしている。ある晩、佐野まなみ(秦谷ひろみ)という若い女性から110番通報が入った。「早く来て!殺される!」という切羽詰まった声に、通信指令室に緊張が走る。翔子の冷静な対応でパトカーが現場に向かうが、間一髪間に合わず、まなみは無残にも殺されていた。山中本部長(潮哲也)と樋口大介警部補(石原良純)たちは、最近連続して起きている通り魔の犯行とにらんで捜査を開始する。だが翔子は、最期にまなみの伝えてきた地名が実際には使われていない不自然な言葉だったことが気になっていた。行動派の翔子は現場に出るが、そこで不審な男性が立ち去るのを見かける。上司の江本修一(石橋蓮司)は事件に首を突っ込みたがる翔子に「捜査は通信指令官の職務ではない」とたしなめる。同じ頃、被害者のまなみの愛人・田所清治(梨本謙次郎)が警察を訪ねてきた。田所はまなみのことがもとで、妻の久仁子(北原佐和子)から離婚を迫られているという。そんな中、通り魔の犯人・新田一彦(江端英久)が現行犯で捕まる。警察はまなみ殺しについて厳しく追及するが、新田は犯行を否認する。一方、翔子が見かけた不審者の似顔絵が出来上がり、男性が島村隆(近童弐吉)という名前で、かつてのまなみの恋人だったと判明する。翔子は事情を聞こうと島村のアパートを訪ねるが、島村は首を吊って死んでいた。江本は事件の始めに立ち返り、科学捜査研究所に、まなみからの110番通報の録音解析を依頼する。そこには意外な音が記録されていた。

番組基本情報

  • 制作年 : 2005年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : ビデオフォーカス
  • プロデューサー : 大久保直実
  • ディレクター・監督 : 油谷誠至
  • 脚本 : いずみ玲
TBS1 TBS2