日曜劇場「秋のふたり」

出演

池内淳子、石坂浩二、佐野浅夫、大和田伸也、大原麗子、大鹿次代、串田和美 ほか

  • 放送未定

マスカットの栽培に賭ける女性と、若き備前焼陶芸家の激しく燃える悲恋を、岡山ロケによる美しい情景の中で描き出す。「渡る世間は鬼ばかり」の橋田壽賀子が脚本、石井ふく子がプロデュースを担当。池内淳子と石坂浩二が初共演。備前市の「国宝・閑谷学校」(旧池田藩の手習所)や、上芳賀のマスカット温室でのドラマチックなシーンは見どころ。1973年作品。

【ストーリー】
こう(池内淳子)は稽古ごとのつもりで備前焼を始め、同門の俊明(石坂浩二)と愛し合うようになった。窯出しの日を機会に、俊明はこうに結婚を申し込んだが、年上のこうにはためらいがあった。ひとりマスカットや桃の栽培をする父・源造(佐野浅夫)の存在も、こうにとってはブレーキになっていた。だが、俊明の熱意と、源造の快い勧めもあり、こうは俊明との結婚を決意した。その矢先、源造が心臓発作で倒れ、そのまま息を引き取ってしまう。東京で自分の意志通りに生きていたこうの弟・一郎(大和田伸也)が帰省し、源造の遺言にしたがって果樹園を処分することに。こうは父親が丹精込めたものを手放すのが忍びなく、園を守ろうとするが…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1973年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 石井ふく子
  • ディレクター・監督 : 宮武昭夫
  • 脚本 : 橋田壽賀子
TBS1 TBS2