日曜劇場「私の中のあなた」

出演

京塚昌子、山本圭、芦田伸介、南美由紀、七尾伶子、佐藤耀子、原ひさ子、真木恭介 ほか

  • 放送未定

戦後31年、戦争の傷あとを引きずる母と息子の姿を描く。「渡る世間は鬼ばかり」の橋田壽賀子が初めて終戦ドラマを手がけ、書き下ろしたオリジナル脚本。プロデュースは石井ふく子が担当。京塚昌子と山本圭が母と息子を好演している。共演は芦田伸介、南美由紀、七尾伶子、佐藤耀子、原ひさ子、真木恭介ほか。1976年作品。

【ストーリー】
信乃(京塚昌子)は、毎年終戦記念日に千鳥ケ淵にある戦没勇士の墓をお参りしていた。生涯にただひとり愛し、戦死した恋人・田村(芦田伸介)がそこに眠ると信じていたからだ。信乃には田村との間にできた息子・昭夫(山本圭)がいた。昭夫は父親のいない自分を生んだ母親をうとましく思い、許せずにいた。そんな昭夫の恋人・清子(佐藤耀子)が妊娠した。だが昭夫はお腹の子を産むことを許さず、清子は自殺未遂を起こして病院に運び込まれる。警察から知らせを受けた信乃は、病院に駆けつけ、その帰りに昭夫のアパートを訪ねたが、昭夫は天井をにらんだまま、無表情だった…。そして8月15日、31年目の千鳥ケ淵の墓前に来た信乃。彼女はそこで生きている田村に再会する。

番組基本情報

  • 制作年 : 1976年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 石井ふく子
  • ディレクター・監督 : 鴨下信一
  • 脚本 : 橋田壽賀子
  • その他 : ※番宣写真はモノクロですが、本編はカラー作品です。
TBS1 TBS2