ウルトラマンをつくった男たち 星の林に月の舟

出演

三上博史、三宅裕司、南果歩、国生さゆり、石田純一、斉木しげる、永島敏行、伊東四朗、大地康雄、仲本工事、松山英太郎、山口良一、柳沢慎吾、高田純次、黒部進、アパッチけん(現・中本賢)、出光元、市川勇、宮本和明、北見誠、打出親五、藤波辰巳、円谷浩、住田隆、西田康人、実相寺吾子、京本政樹、毒蝮三太夫、栗田貫一、小林昭二、原知佐子、飯島京子、赤木優、泉谷しげる、小坂一也、西村晃 ほか

  • 放送未定

1966年7月から放送され、日本中に“怪獣ブーム”を巻き起こした「ウルトラマン」。この作品を世に送り出した男たちの物語。主演の三上博史をはじめ、三宅裕司らが好演し、当時の熱気を見事に漂わせる。また円谷英二監督役は西村晃、さらに「ウルトラマン」で科特隊メンバーとして活躍していた小林昭二、毒蝮三太夫、黒部進が、それぞれの持ち味を発揮した役どころで出演したことも話題になった。1989年作品。

【ストーリー】
吉良平治(三上博史)はTBS演出部のトラブルメーカーだった。真夏のドラマに雪を降らせたり、人気歌手の顔を毛穴が見えそうなほどクローズアップしたり、たびたび問題を起こしていた。それに頭にきていた上司・金子部長(伊東四朗)は、平治の配置転換を考えた。心配した仲間の円谷一郎(三宅裕司)や井沢浩一(石田純一)らの尽力で、平治は映画部へ引き取られ、円谷プロダクションへ出向することになる。円谷英二監督(西村晃)率いるスタッフは、東宝作品「ゴジラ」等で、日本最高の特撮技術を誇っていて、「ウルトラQ」でテレビにも進出し、次回作「ウルトラマン」も製作することになっていた。

番組基本情報

  • 制作年 : 1989年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : オフィスヘンミ/木下プロ/円谷プロ/TBS
  • プロデューサー : 中村和則、満田かずほ、山本典助
  • ディレクター・監督 : 山田高道
  • 原作 : 実相寺昭雄
  • 脚本 : 佐々木守
  • その他 : その他 : ※満田かずほの「かずほ」は正式には「禾へんに斉」です。システムの都合上「かずほ」となっております。また山田高道の「高」は正式には「はしごだか」です。システムの都合上「高」となっております。
TBS1 TBS2