日曜劇場「あしたの海」

出演

渡瀬恒彦、音無美紀子、長谷川哲夫、平泉征(現・平泉成)、赤塚真人、冷泉公裕、大和田伸也 ほか

  • 放送未定

都会での生活・大学病院の研究室に失望し、離島へと逃避した青年医師が、漁村での診療の傍ら、鯛の染色に生きがいを見いだす。そんな兄を徐々に理解していく妹の姿を通し、本当の生きがいとは何かを探っていく。渡瀬恒彦・音無美紀子が兄妹を演じる。『渡る世間は鬼ばかり』シリーズの橋田壽賀子が脚本、石井ふく子がプロデュースを担当。1977年作品。

【ストーリー】
俊介(渡瀬恒彦)が東京の大学病院に愛想を尽かし、長崎県の離島で逃避生活を始めて10年の月日が過ぎた。そこに東京から俊介の旧友・谷岡(長谷川哲夫)が帰京を勧めにやって来て、俊介は診察中にもかかわらず遠慮容赦ない口論をしてしまう。この島で鯛の染色という夢を見いだした俊介は、黒い養殖の鯛を天然の鯛と同じ赤に染色し、高値をつけることで、村を豊かにしたい、と考えていたのだ。そんな俊介を迎えに来たが、翻意を得られぬまま島で生活を始めた妹の文子(音無美紀子)。そこに彼女の恋人・吾郎(大和田伸也)が東京から出張ついでに訪れ…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1977年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 石井ふく子
  • ディレクター・監督 : 宮武昭夫
  • 脚本 : 橋田壽賀子
TBS1 TBS2