日曜劇場「前進せよ!」
close

日曜劇場「前進せよ!」

渥美清主演。学歴と家族のために、入社後15年たっても平社員でいる男性の悲哀を描く。橋田壽賀子が脚本、石井ふく子がプロデュースを担当。

詳しく見る

渥美清、桜むつ子、田村寿子、松尾嘉代、本郷淳、中井啓輔、小沢重雄、石田茂樹 ほか

来月放送
ドラマ・時代劇

みどころ

渥美清主演。高卒のため、入社後15年経っても平社員でいる男性。家族のために独身を通す彼はある日、同じく弟の学費を稼ぐために結婚を伸ばしている同僚女性と友達になる。そんなとき、高学歴で実力のある係長が上司となり…。サラリーマン出世の裏にある悲哀を描く。『渡る世間は鬼ばかり』の橋田壽賀子が脚本、石井ふく子がプロデュースを担当。1968年作品。

【ストーリー】
河上夏夫(渥美清)は深沢製薬の経理課員だが、高卒という学歴のため、入社してから15年経っても平社員のままだった。今回の人事異動で夏夫が係長に昇格する、という噂を同僚の横山十美子(松尾嘉代)が聞きつけてきて夏夫は喜ぶが、それはぬか喜びで終わってしまう。その翌日、経理課に竹田(中井啓輔)が新しい係長として入ってくる。竹田は国立大学卒の秀才、しかも社長の親戚だった。だが竹田は“毛虫の竹さん”と呼ばれ、社内で嫌われていた。母(桜むつ子)と妹・ヒロミ(田村寿子)の面倒を見ている夏夫は、妹が結婚するまでは独身で通す決心をしていたが、またしても逃した出世のチャンスに、なにか釈然としないものを感じていた…。

続きを読む

番組データ

出演 渥美清、桜むつ子、田村寿子、松尾嘉代、本郷淳、中井啓輔、小沢重雄、石田茂樹 ほか
制作年 1968年
全話数 1話
制作 TBS
プロデューサー 石井ふく子
ディレクター・監督 柴田馨
原作 樹下太郎
脚本 橋田壽賀子
その他 モノクロ作品

放送内容

放送あり

全て

さらに読み込む

3/16(土)午前7:00〜午前8:00

このページをシェアする

視聴方法

TBSチャンネルは、CS有料放送です。下記のサービスでご視聴いただけます。