検事 沢木正夫 殺意の分岐点

出演

榎木孝明、坂上香織、笹野高史、羽場裕一、尾美としのり、高松あい、齋木享子、頭師孝雄、天田益男、小倉功、黒部進、日向明子、城後光義、小川よりこ、睦五朗、岩本多代、井川比佐志 ほか

  • 放送未定

榎木孝明が敏腕検事を演じる『検事 沢木正夫』シリーズ第1弾。東京地検検事・沢木正夫が、過去と現在を結ぶ2つの殺人事件の真相を追う本格ミステリー。主演の榎木が「サスペンスの王道」と語る重厚なストーリーが見どころ。榎木が薩摩藩独自の剣法・示現流の達人として、道場で素振りをして精神を整えるシーンは必見。共演は、坂上香織、笹野高史、羽場裕一、尾美としのり、井川比佐志ほか。2004年作品。

【ストーリー】
10年前、仙台市の郊外で土地の旧家、安武家の娘・美里(高松あい)が殺害された。現場の状況から警察は美里の兄・遼一(羽場裕一)を逮捕。裁判の結果、遼一の刑が確定する。そして10年後の現在、遼一は仮出所。その数日後、東京のマンションでOL・宏岡千夏(齋木享子)が殺された。千夏が勤める会社の東京支社長で千夏の愛人でもある飛河陽介(尾美としのり)が逮捕され、東京地検の敏腕検事・沢木正夫(榎木孝明)が取り調べを担当することに。飛河は無罪を主張し、事件当夜は友人と会う約束があったと主張する。沢木は事務官の国松日出男(笹野高史)と共に慎重に調査を始める。すると、飛河が安武遼一と会う予定だったということで、沢木は10年前の殺人事件の存在を知る。また、当時遼一の事件を担当した検事が、沢木が尊敬する財部荘八(井川比佐志)だったこと、財部の娘・優子(坂上香織)がその時の被害者・美里と親しかったことも分かり…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2004年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : C.A.L/TBS
  • プロデューサー : 鶴間和夫、川渕豊喜
  • ディレクター・監督 : 杉村六郎
  • 原作 : 小杉健治
  • 脚本 : 中岡京平
TBS1 TBS2