漬けモノ学者・竹之内春彦 京都殺人100選

出演

中村雅俊、黒谷友香、石井正則、葉月里緒奈、山本圭、原田大二郎、大河内浩、野際陽子 ほか

  • 放送未定

中村雅俊が主演を務める新シリーズ。民俗学者の竹之内春彦(中村雅俊)は大学の非常勤講師だが、副業として文化庁から「漬け物100選」を選ぶ仕事を貰い京都の漬け物店を巡る毎日。ところが、ひょんなことから連続殺人事件の捜査に協力することになり…。
殺人事件の推理の過程で様々な京都の名所が登場する。そして事件解決の鍵を握るのは陰陽師。現代に生きる陰陽師を葉月里緒奈が好演。陰陽師の不思議な力は連続殺人事件とどのような関係なのか!?

【ストーリー】
民俗学者の竹之内春彦(中村雅俊)は文化庁からの依頼で「漬け物100選」を選定するために京都を訪れていた。漬け物店を回る春彦のもとにタウン誌の記者・千里(黒谷友香)がやってきた。京都にまつわる呪いや怨霊について聞きたいというのだ。春彦は千里に宿を紹介してもらう代わりに晴明神社などを案内する。千里が紹介した宿はすみれ(野際陽子)という女将が切り盛りする京都の老舗旅館。千里はすみれの息子・ゆたか(石井正則)と幼馴染だという。ゆたかは京都府警捜査一課の刑事だが極度のおっちょこちょいで、旅館のロビーで偶然出くわした春彦の前で捜査資料を落としてしまう。春彦は散らばった資料の中から式札(しきふだ)の写真を見つける。式札とは陰陽師が使役するしもべ・式神(しきがみ)が書かれた紙だ。ゆたかは1枚の写真からそこまで見抜いた春彦に捜査への協力を依頼する。この式札は九条山で見つかった刺殺体の口の中からでてきたものだった。翌日、西院のホテルで撲殺死体が発見され、この死体の口の中からも式札が見つかる。春彦は2枚の式札が平安時代の陰陽師・安倍晴明が使役していた式神のものだと気付いた。安倍晴明は12人の式神を使役していたことから、これからも事件が続く可能性がある。春彦は推理の材料を探すため、第一現場の九条山を訪れる。数日後、筆跡鑑定から2枚の式札が船岡山にある葛之葉斎社(くずのはさいしゃ)の陰陽師・葛之葉奈津子(葉月里緒奈)が書いたものだとわかった。葛之葉斎社を訪れた春彦に、奈津子は自筆の札だと認め陰陽道の術を使って人を呪い殺すことができると語る。

番組基本情報

  • 制作年 : 2012年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : 泉放送制作/TBS
  • プロデューサー : 福田誠
  • 原作 : 秋月達郎
  • 脚本 : ブラジリィー・アン・山田、長江俊和
TBS1 TBS2