女優時代(斉藤由貴出演)

出演

斉藤由貴、根津甚八、森本レオ、相楽晴子、川谷拓三、室井滋、高山千草、峰岸徹、小林桂樹、山本陽子、金田賢一、江奈津子 ほか

  • 放送未定

原作・乙羽信子×脚本・新藤兼人×演出・大森一樹×主演・斉藤由貴。最高のスタッフがタッグを組んだ力作。宝塚スターから映画女優へと転身。役者として、女として成長していく女優・乙羽信子の半生を斉藤由貴が熱演。信子が心ひかれていく映画監督を根津甚八が務める。1988年作品。視聴率は18.6%(ビデオリサーチ関東地区)。

【ストーリー】
加持信子(斉藤由貴)は、大阪で饅頭屋を営む養父・千次郎(川谷拓三)、母・玉枝(室井滋)と養祖母・ウメ(高山千草)の愛情につつまれて育った。女学校2年のとき、幼いころから憧れていた宝塚歌劇団の入団テストにみごと合格。女学校を退学し、劇団員としての道を歩みはじめる。苦しい練習に耐えかね、同期生たちが次々とやめていく中で信子は耐え抜き、ついに雪組の副組長となった。しかし、折しも太平洋戦争が勃発し、劇場を追われるはめになる。
日本各地を移動する生活、いつまでも劇場のステージに立てないことに信子は不安を感じていた。そんなある日、大映企画部の松永(峰岸徹)から映画女優になるようスカウトされる。覚悟を決めて上京。映画女優として会社からも期待される信子だったが、思い通りの役を演じられず、意気消沈していた。そんなとき、信子は近藤監督(根津甚八)に出会う。初めは近藤を疎んでいた信子だったが、彼の純粋さにふれ、やがて心をひかれていく。

番組基本情報

  • 制作年 : 1988年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : 近代映画協会
  • ディレクター・監督 : 大森一樹
  • 原作 : 乙羽信子
  • 脚本 : 新藤兼人
TBS1 TBS2