いぬのおまわりさん〜ママは産むよ!ガンとの壮絶な闘い。夫婦の245日 涙と笑顔の記録〜

出演

水川あさみ、永井大、鈴木杏樹、山崎一、映美くらら、河西健司、南圭介、柴俊夫、戸田恵子 ほか

  • 放送未定

自分の命か、赤ちゃんの命か。第2子を宿しながら、がんに侵され、2008年秋、出産直後にこの世を去った大石真由美さん(享年24)が、自らのがん闘病記を綴ったブログ「いぬのおまわりさん」。長女の好きな童謡から名づけられたこのブログは、死後、家族の手によって一冊の本となり、女性読者の共感を呼んだ。日本中が涙したこの珠玉の実話を完全ドラマ化。新たな命を守るために、全力でがんと闘う若い主婦の命の記録を綴る。
主演は水川あさみ。テレビドラマ、映画の出演が続く実力派女優が、妊娠中に自らのがんが見つかり大きなショックを受けながらも、授かった命を守るために必死に病魔と闘うヒロインを演じる。彼女を優しく支える夫役には人気俳優の永井大。二人の共演は本作がはじめて。ドラマでは、手に手をとって励ましあう夫婦や家族の姿を丁寧に描き、本来あるべき「夫婦愛」と「家族の絆」の素晴らしさを伝える。子育ての難しさが言われる昨今、子供に全ての愛情をそそぐ若い夫婦の姿を通して、大切なものは何かを問いかける。

【ストーリー】
福岡県北九州市。23歳の主婦、石原真由美(水川あさみ)は、夫・有紀矢(永井大)との間に授かった長女・沙紀の妊娠がきっかけで慌てて入籍したために、未だ結婚式を挙げていなかった。翌月には念願の親子3人の結婚式と披露宴を控え、すでに二人目の子供をお腹に宿していた真由美は、満ち溢れんばかりの幸福をかみ締めていた。そんな折、かかりつけの病院から有紀矢に連絡が入る。二人目の子の検診でとったエコー検査で子宮の外側に影が見つかったのだ。再検査の結果は、「悪性リンパ腫」、つまり「血液のガン」だった。有紀矢の心配をよそに当の真由美本人は気丈だった。「この子を産むために、絶対病気を治す。ママ頑張るから」。第2子の妊娠を継続すること選択した真由美は、新しい命に全てを懸け、前向きに闘病生活に入るが…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2010年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : MBS
  • プロデューサー : 志村彰、森雅弘
  • ディレクター・監督 : 竹園元
  • 原作 : 大石真由美
  • 脚本 : 加藤綾子
  • 主題歌 : SORA〜この声が届くまで〜
  • 歌手 : DEEP
TBS1 TBS2