北海道旅情サスペンス「遠い雪の記憶」

出演

斉藤慶子、世良公則、伊東四朗、田島令子、長江健次、西川忠志、初瀬かおる、佐戸井けん太、安田博美、桂嶋こうき ほか

  • 放送未定

斉藤慶子×世良公則主演。明朗快活で正義感の強いOLが義兄とともに難事件に挑んでいくシリーズ第3弾。
冬の北海道で、洞爺湖のロッジの宿泊客たちがつぎつぎに不可解な事件に遭遇し、5年前の事件に端を発する復讐劇に巻き込まれていく。最後まで誰が犯人かわからないストーリー展開は目が離せない。
ロッジ支配人役で出演する伊東四朗が、いぶし銀のような演技で魅せる。また、さまざまな過去を持つ宿泊客たちを田島令子、佐戸井けん太、長江健次ら個性派俳優陣が演じる。
平均気温マイナス10度のロケで、札幌、ニセコ、洞爺、小樽と夏とは違った北海道の魅力も味わえる。

【ストーリー】
小峰陽子(斉藤慶子)は、東京を離れ、姉と離婚した今野岩男(世良公則)のいる北海道で、今野が引き取った病気がちな娘の世話を続けていた。雪に覆われた冬、会社の同僚とスキーを楽しんだ陽子は、岩男の行きつけの「きつつき」という洞爺湖のロッジに向かうが、その途中、道に迷った男性の凍死体が発見される。ロッジには酒に酔った飯島早苗(田島令子)や、妻との離婚の原因を探りに来た久保田信幸(佐戸井けん太)ら、奇妙な客が滞在していた。陽子はロッジ支配人の野崎浩平(伊東四朗)から、送信者不明の不気味なメールを受信したことを相談される。さらに、スキー場の立入禁止区域の表示板が何者かによって動かされ、宿泊客の滝本博(桂嶋こうき)が立入禁止区域に入り込んで骨折する事故が発生。そして、陽子らのパソコンにも、5年前にニセコで何かがあったと告げる謎のメールが届く。相次ぐ不可解な出来事を不審に思った陽子と、陽子から相談を受けた岩男は、背後に潜む謎を追い始める。陽子はメールの真相を突き止めようとニセコへと向かう…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1996年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : HBC/TBS
  • プロデューサー : 松田耕二、河村靖
  • ディレクター・監督 : 松田耕二、金沢健次
  • 脚本 : 金子成人
TBS1 TBS2