アイコ17歳

出演

伊藤つかさ、加賀まりこ、真野あずさ、武田久美子、宮川一朗太、高柳良一、富士原恭平、吉野恵津子、名川忍、日恵野晃、秋野太作 ほか

  • 放送未定

伊藤つかさ主演の学園ドラマ「アイコ16歳」の続編。少女から大人への曲り角である17歳になったアイコの青春を描く。
ドラマの骨子は、1981年度の文芸賞受賞作品である「1980 アイコ十六歳」を下敷きとして、前作同様、脚本・小林竜雄、プロデューサー・市川哲夫が手掛ける。キャストは、アイコの母・千鶴子に加賀まりこが、前作に引き続き出演するほか、アイコの親友・オキャン役で、東大生アイドルコンテスト一位で映画「ハイティーンブギ」でデビューを飾った武田久美子、アイコのボーイフレンドに、映画「家族ゲーム」で新人賞を受賞した宮川一朗太、そしてアイコの憧れの先輩・奈々子に真野あずさといった新たなメンバーが加わった。主題歌は、前作に引き続き、かまやつひろしの「なんとなくソクラテス」。挿入歌は、伊藤つかさの「緩いカレッジリング」。

番組基本情報

  • 制作年 : 1984年
  • 全話数 : 2話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 市川哲夫、峰岸進
  • ディレクター・監督 : 市川哲夫
  • 原作 : 堀田あけみ
  • 脚本 : 小林竜雄
  • 主題歌 : なんとなくソクラテス
  • 歌手 : 古田喜昭

エピソードリスト

#1 大学どうするの?

#1 大学どうするの?

アイコは高校2年生になり、今は草介と付き合ってそこそこ楽しい生活をしていた。そんな時、弓道部のOGの折原奈々子が来て、その凄い弓道技術を披露して部員達を驚かせた。

#2 優等生なんかつまらない

#2 優等生なんかつまらない

草介の心がどんどん奈々子に向かっていくようでアイコは不安になった。そんな時、奈々子と草介が意味深な様子で会っていると清美から電話が来た。

さらに読み込む

TBS1 TBS2