日曜劇場「終りの一日」

出演

北林谷栄、小倉一郎、坂口良子、神山繁、及川広夫、村井洋、大橋英子、木村功、杉浦千佳子 ほか

  • 放送未定

山田太一オリジナル脚本、ひなびた港町を舞台に30年の教員生活を終えて学校を去る、ひとりの戦争未亡人としての生き方を切々とうたいあげるドラマ。女性教師役に北林谷栄、教え子には小倉一郎、坂口良子、校長に神山繁ほか。1975年作品。

【ストーリー】
かつてはニシン漁で栄えた町に住む教員・朝倉秀子(北林谷栄)は、この港町の中学校を去ろうとしていた。学校で古参の秀子は、新進気鋭の校長・猪又(神山繁)と何かにつけてうまく折り合わず、結局秀子は30年の教員生活に終止符を打つことにしたのだった。退職の日、生徒たちからの現代っ子的ドライな別れの言葉は、彼女にとっては嬉しかった。だが、その夜に教員たちと集まった送別会で、秀子は言い知れぬ淋しさを味わった。それは結婚まもなく戦争で夫を失い、この港町で戦後の歴史と共に戦争未亡人として1人ひっそりと今日まで生きて来た女の感慨だった。送別会が終わり家に帰った秀子を、教え子・勝本祐司(小倉一郎)が待っていた…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1975年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : HBC
  • プロデューサー : 守分寿男
  • ディレクター・監督 : 甫喜本宏
  • 脚本 : 山田太一
TBS1 TBS2