ポルノ女優小夜子シリーズ「小夜子の恋」

出演

南條玲子、佐藤浩市、佐藤慶、大西結花、原田大二郎、友里千賀子、中原ひとみ、中原早苗、せんだみつお、橋爪功、柄本明 ほか

  • 放送未定

南條玲子主演、堀川とんこうプロデュース・演出。池端俊策脚本。
ポルノ女優・小夜子の生活を軸に、そこで巡り合う様々な人間たちの模様を鮮やかに描いた人気シリーズの第1弾。1986年作品。
気のいいことが取り柄だが、それだけに男に騙されやすい小夜子。毎回、様々な男と出会い、トラブルに巻き込まれるという設定がユニークで、1986年から1989年まで、全シリーズ4作品が制作された。南條玲子のどこか憎めない愛すべきキャラクター、そして大胆な演技が当時話題となった。また、演技派俳優陣の共演も見どころとなっている。
第1弾「小夜子の恋」 小夜子(南條玲子)の愛人(原田大二郎)が駆け落ちをする覚悟で宝石を盗んできた。幸せになろうと決心した矢先に、思わぬ事件に巻き込まれていく…。佐藤浩市、柄本明、佐藤慶、橋爪功らが共演。

【ストーリー】
ポルノ女優の小夜子(南條玲子)は27歳。ダイコン役者と言われながらも、生来の明るさでどうにか仕事をこなしている。
ある日、愛人の北村(原田大二郎)が小夜子のアパートに逃げ込んできた。彼の手にはダイヤやルビーがゴッソリ入った小袋が握られていた。北村は、妻の阿佐子(友里千賀子)を捨て、小夜子と駆け落ちする覚悟で宝石を盗んできたという。小夜子には、それがとても嬉しかった。しかもダイヤを売った金で小夜子の主演映画を作ろうと話す北村は、すでに新しいアパートの契約を済ませていた。場所を聞いた小夜子は、スーツケースに宝石を抱えて一人で新居に向かった。新居の家主は高見沢伊作(佐藤慶)。ある会社の重役らしいが、どこか仕事に疲れている様子。彼は小夜子たちの新居とは一面の花畑を挟んで母屋を構えている。北村が来るのを待ちながら、小夜子の新しい幸せな生活がスタートした。
ある日の夕刻、同じアパートの薫(佐藤浩市)という青年が突然小夜子の部屋へ入ってきた。薫はわけのわからないことを言って立ち去ったが、様子が尋常でない。あとで分かったことだが、薫は以前父親を殺しかけて精神病院に入院したことがあるらしい。
さらに同じ日の深夜、小夜子は、花畑の向こうで首をつろうとしている伊作を見てしまった。一目散に駆け寄った小夜子であったが…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1986年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 堀川とんこう
  • ディレクター・監督 : 堀川とんこう
  • 脚本 : 池端俊策
TBS1 TBS2