韓国ドラマ「コーヒーハウス」

出演

カン・ジファン、パク・シヨン、ハム・ウンジョン、チョン・ウンイン ほか

  • 放送未定

「がんばれ!クムスン」や「快刀ホン・ギルドン」で人気の俳優、カン・ジファンが2年ぶりに主演したロマンチック・ラブコメディ。アジア中で人気を博した「フルハウス」のピョ・ミンス監督とタッグを組み、一杯のコーヒーが与えてくれる甘い休息のような幸せを感じられるドラマが誕生した。
カン・ジファンが演じるのは、コーヒーにこだわりを持ちバリスタにまでなってしまった、気難しいベストセラー作家。人気ガールズグループ「T−ARA」のハム・ウンジョンや、「ザ・スリングショット〜男の物語〜」のパク・シヨンらと甘くてほろ苦い恋愛模様を繰り広げていく。
カン・ジファンの魅力がたくさん詰まった人気ドラマを、ぜひご覧下さい。

【ストーリー】
簡素なコーヒーショップ「宮殿コーヒー」の娘スンヨン(ハム・ウンジョン)は、未来への展望もないまま公務員試験の勉強をする毎日。時々やってくるお客さんにコーヒーを作って出すという平凡な日々を送っていた。そこにイ・ジンス(カン・ジファン)という奇怪な男が現れる。その日に限って起きた事故により、不本意ながらもお世話になったスンヨンは彼の親切心に心から感動するのだった。その上、彼が有名な小説家だと知り、好感度はさらにアップ! 先輩の推薦でジンスの秘書となった彼女は胸を弾ませて出勤。ところが、スンヨンを待っていたのはプロしか認めない完璧主義者のジンスとの秘書生活だった。コーヒーを淹れることも鉛筆を削ることもすべてがアマチュアレベルでしかないスンヨンは、刺激を受けてプロの秘書になるという無謀な決意をする。
一方、ジンスの気難しい性格を誰よりも知っている出版社代表のウンヨン(パク・シヨン)は、ジンスが大嫌いながらも関係を維持していた。そんな中、ウンヨンがジンスと同じくらい嫌う元婚約者のジウォン(チョン・ウンイン)が目の前に現れ、全てが変わり始める。

番組基本情報

  • 制作年 : 2010年
  • 全話数 : 18話
  • 制作 : 韓国SBS
  • ディレクター・監督 : ピョ・ミンス
TBS1 TBS2