日曜劇場「幻の町」

出演

笠智衆、田中絹代、桃井かおり、北島三郎、室田日出男 ほか

  • 放送未定

倉本聰が原作・脚本を手がけた、東芝日曜劇場の1000回記念番組「幻の町」。当時40代になったばかりの倉本が描く世界が、見る者の心を揺さぶり、日本テレビドラマ史に残る珠玉の作品となった。物語はある地図を手にした老夫婦が、雪の舞う冬の小樽に降り立つところから始まる。
故郷の幻影を追い続け、地図の完成を生きがいとする老夫婦を演じるのは、名優・笠智衆と日本映画を代表する大女優・田中絹代。田中にとっては、貴重なTVドラマ出演作品でもある。脇を固めるのは、桃井かおり、北島三郎ほか。昭和51年度(第31回)文化庁芸術祭テレビ部門優秀賞を受賞した。

【ストーリー】
樺太からの引揚者である老夫婦(笠智衆・田中絹代)は、戦前に20年ほど住んでいた樺太の真岡町の地図を10年かけて作成している。真岡は二人が出会った場所でもあり、大切な思い出も詰まっている土地だ。生きがいである地図完成のため、二人は小樽の知人宅を訪ねた。知人は亡くなっていたがその娘・ゆか(桃井かおり)と会えた。地図を置き忘れた夫婦は、翌日、ゆかを訪ねて一緒に地図を探すが見つからない。その後、ゆかは恋人(北島三郎)とのデートに行く直前、下駄箱の上にあった地図の包みに気づき慌てて二人を捜す。だがそこで、ゆかはその地図が真岡のものではなく、別の町のものだと知ってしまう。夫婦の記憶が古く、別の町と記憶を混同してしまったようだ。夫婦と再会できたゆかが地図を渡すと夫婦は大喜びする。彼らを失望させたくないゆかだったが…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1976年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : HBC
  • プロデューサー : 守分寿男
  • ディレクター・監督 : 守分寿男
  • 原作 : 倉本聰
  • 脚本 : 倉本聰
  • その他 : ※番宣写真はモノクロですが、本編はカラー作品です。
TBS1 TBS2