横山秀夫サスペンス「逆転の夏」

出演

佐藤浩市、伊東四朗、床嶋佳子、寺田農、鷲尾真知子、近藤芳正、斉藤陽一郎、池端絵美子、小池祥絵、河西健司、浜田晃、江良潤、山田百貴、斎藤あきら、吉田ばんせい、辻本晃良、永森英二、松原末成、藤田清二、牟田晧二、川口美博、大野けいこ、佐藤允美、武藤令子、篠崎理恵 ほか

  • 放送未定

横山秀夫原作の短編「逆転の夏」をテレビドラマ化。不運にも殺人を犯してしまった男が、1本の電話によって再び迷い込む心の闇を描く第一級のサスペンス 。心に大きな闇を抱えながらも懸命に生きる男の葛藤を佐藤浩市が陰影深く演じ、観る者の心に響く作品となっている。

【ストーリー】
今は清掃サービス会社に勤めている山本(佐藤浩市)。13年前は、同期の中で最も早く課長代理に昇進し、将来を嘱望される証券マンだった。仕事は順調で、妻の静江(床嶋佳子)は出産間近と、まさに幸せを絵に描いたような暮らしだった。しかし、ある日を境に山本の運命は激変する。彼はふとした気の緩みから人を殺めてしまったのである。山本は失ったものの大きさ、足元に大きな口を開けていた運命の険しさに打ちのめされながらも獄に下る。事件の直後に静江は出産し、服役中に離婚が成立した。
出所後、山本は地道に働きながら、身元引受人の及川(伊東四朗)を通じて、わずかではあるが静江と生まれた息子に仕送りを続けてきた。しかし、静江や生まれた息子には会いたくても会えず、目の前の現実から滲み出る喪失感と罪の意識に苦められている日々を過ごしていた。そんなある日、山本のもとに見知らぬ男から「ある人物を殺してくれ」という奇妙な電話がかかってくる…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2001年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : アミューズ/TBS
  • プロデューサー : 越智貞夫
  • ディレクター・監督 : 榎戸耕史
  • 原作 : 横山秀夫
  • 脚本 : 久松真一
TBS1 TBS2