バツ彼

出演

高橋克典、高嶋政伸、天野ひろゆき、真矢みき、滝沢沙織、北川弘美、佐藤勇輝、三浦成、阿部サダヲ、高林由紀子、中山忍、稲森いずみ ほか

  • 放送未定

「イイ大人のダメな恋」が今始まる…。30代男女の悲喜こもごもを等身大に描く、笑いあり涙ありのドラマ「バツ彼」。タイトルの「バツ彼」には“バツイチの彼”、“ちょっとダメな彼”という2つの意味を込めている。「元カレ」「Summer Snow」「若葉のころ」など過去のTBSドラマで10代、20代の恋愛を描いてきた作家・小松江里子が30代後半の恋愛をテーマに書き上げた。主演は高橋克典と高嶋政伸。高橋は「サラリーマン金太郎」で見せた熱いキャラクターとは対称的にちょっと情けない軟派男・恭介を好演。一方、高嶋は恭介の親友で真面目で硬派な性格の陽平。実際でも20代の頃から友人という高橋と高嶋のコンビネーションにも注目だ。
【ストーリー】
アパレル会社の課長・安達恭介(高橋克典)は軟派な性格が災いし、妻から離婚される。慰謝料代わりにマンションを妻に渡した為、学生時代からの友人・佐久間陽平(高嶋政伸)の家に転がり込む。陽平は恭介とは反対に硬派な男。妻に先立たれ、一人息子のためにも見合いを繰り返すがなかなか成立しない。そんな中、マザコン夫と離婚調停中の柿崎章子(稲森いずみ)、結婚しない女・川口夏樹(真矢みき)に陽平のマンションで引越しの手伝い中に出会った。引越しの夜、4人は出会いの祝杯を上げるが、なんと陽平が章子に一目ぼれしてしまう。そこにボート部の後輩・山根正博(天野ひろゆき)も加わって…?

番組基本情報

  • 制作年 : 2004年
  • 全話数 : 12話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 伊藤一尋
  • ディレクター・監督 : 清弘誠、今井夏木、加藤新、吉田健
  • 脚本 : 小松江里子
  • 主題歌 : 恋の嵐
  • 歌手 : リサ・ローブ

エピソードリスト

#1 バツイチの彼と恋の予感

#1 バツイチの彼と恋の予感

安達恭介(高橋克典)はアパレル関係の営業企画室の課長。ボート部員だった学生時代から女の子にはよくモテた。しかし、軟派な性格は結婚してからも変わらず…。

#2 バツ彼って駄目なカレ

#2 バツ彼って駄目なカレ

恭介(高橋克典)は、離婚の原因となった浮気相手の真奈美(滝沢沙織)だけでなく、酔った勢いで美加(北川弘美)とも一晩を過ごしてしまい、会社では少々気まずい雰囲気。

#3 嵐を呼ぶキス

#3 嵐を呼ぶキス

恭介(高橋克典)は、夏樹(真矢みき)とのキスの現場を章子(稲森いずみ)に目撃され、ますます不謹慎な男と思われる。一方、夏樹の雑貨店は初日から大繁盛で…。

#4 うっかり浮気をした男

#4 うっかり浮気をした男

夏樹(真矢みき)は、陽平(高嶋政伸)からのデートの申し込みに煮え切らない章子(稲森いずみ)を見かね、代わりにOKの返事をしてしまう。

#5 15年ぶりの初恋

#5 15年ぶりの初恋

章子(稲森いずみ)は、恭介(高橋克典)とのやり取りから、陽平(高嶋政伸)とデートの約束をしてしまった。一方、恭介はビジネスホテルを引き払い…。

#6 バツの悪い朝帰り

#6 バツの悪い朝帰り

部屋に空き巣が入り心細がる章子(稲森いずみ)のために、恭介(高橋克典)は彼女の部屋に泊まることに。もちろん2人は何事もなく朝を迎えるが…。

#7 男の責任・女の自由

#7 男の責任・女の自由

夏樹(真矢みき)の部屋で朝を迎えた恭介(高橋克典)は、部屋を出る時に運悪く陽平(高嶋政伸)に見つかり、「男としての責任をとれ」と責められる。

#8 産みたい女とダマされた男

#8 産みたい女とダマされた男

元彼との子供を妊娠した夏樹(真矢みき)はシングルマザーになることを決意。恭介(高橋克典)や陽平(高嶋政伸)、章子(稲森いずみ)が集まった席で発表する。

#9 夏祭りに散った恋

#9 夏祭りに散った恋

陽平(高嶋政伸)は息子の太一をダシに章子(稲森いずみ)をデートに誘っていたが、断わられ続け落胆する。章子は、夏樹(真矢みき)から恭介への気持ちを聞かれ…。

#10 取り扱い注意の告白

#10 取り扱い注意の告白

章子(稲森いずみ)から付き合いをハッキリと断られた陽平(高嶋政伸)だが、ここであきらめたら一生後悔すると引き下がらない。1日に何度も章子に電話し…。

#11 本命は駄目なアイツ

#11 本命は駄目なアイツ

章子(稲森いずみ)の一件で陽平(高嶋政伸)と気まずくなった恭介(高橋克典)は、章子にわざと嫌われようとキスを迫る。章子は傷つきながらも告白を取り消すことに。

#12 世界で一番ライトな恋

#12 世界で一番ライトな恋

恭介(高橋克典)は、章子(稲森いずみ)のことが本当は好きなのかもしれないと思い始めていた。陽平(高嶋政伸)に勧められ、章子をデートに誘う恭介だが…。

さらに読み込む

TBS1 TBS2