涙そうそう〜この愛に生きて〜

出演

黒木瞳、上戸彩、賀来千香子、三浦友和、平岳大、勝地涼、鈴木砂羽、角替和枝、中丸新将、西尾まり、梨本謙次郎、味野和明日架、伊東四朗、いしだあゆみ、井川比佐志、久本雅美、西田敏行、泉ピン子 ほか

  • 放送未定

「涙そうそうプロジェクト」ドラマ企画の第2弾「涙そうそう〜この愛に生きて〜」。この物語は、ある一人の女性からの手紙をもとに、TBSで数多くの名作ドラマを手がけた橋田壽賀子が脚本を担当。 黒木瞳を主演に、上戸彩、賀来千香子、三浦友和、伊東四朗、いしだあゆみ、泉ピン子、西田敏行ら錚々たる顔ぶれが脇を固める。 この豪華な出演者たちが、橋田作品独特の長いセリフに挑戦し、見ごたえのあるシーンをつくり出している。 黒木&賀来&上戸が演じる、三世代にわたる3人の女性の生き方が、現在を生きる女性たちへの豊かな示唆に富んでいる感動の物語。
【ストーリー】
小田未来(上戸彩)は、とても悩んでいた。お腹に最愛の男性の子供がいる。しかしその男性は、もうこの世にいないのだ。当然、母・貴子(賀来千香子)も父・浩(三浦友和)も産むことには反対。悩んだ未来は、祖母・志津(黒木瞳)のもとへ相談に向かう。
未来が志津のところへ相談に行ったのにはちゃんとした理由があった。志津も父親がいないまま、自分の母・貴子を生んだのだ。貴子は志津のことが嫌いで、今はほとんど連絡を取っていない。そして、貴子夫婦は離婚の危機にあるにもかかわらず、家族という形こだわっていて、離婚も認めず、娘の未婚の母にも懸念を抱いていたのだ。未来からの相談を受けた志津は、自分の半生を振り返りながら、どのように貴子を育てたのか、また、自分が愛した男性がどのような男であったのかを語り始める…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2005年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 八木康夫、那須田淳
  • ディレクター・監督 : 清弘誠
  • 脚本 : 橋田壽賀子
  • 主題歌 : 涙そうそう
  • 歌手 : 森山良子
TBS1 TBS2