ジューン・ブライド

出演

財前直見、布施博、高樹沙耶、阿部寛、宮地雅子、高田万由子、藤原喜明、袴田吉彦、秋山見学者、増田由紀夫、矢部浩之、仲谷昇、高橋克実、田中有紀美、清水ミチコ、下條正巳、野際陽子 ほか

  • 放送未定

1995年の作品「ジューン・ブライド」は、バブル経済崩壊の後、リストラに遭いつつも逆境にめげず、恋に仕事に奮闘するOLたちの姿をコメディタッチで描いた作品。財前直見はこの作品が連ドラ初主演。その後さまざまなコメディテイストのドラマに主演し、高い評価を得る彼女の原点となった作品となった。また、共演の布施博、高樹沙耶、野際陽子らハマリ役を得た俳優陣がガッチリと脇を固めており、非常に質の高いエンターテイメントに仕上がっている。地上波放送当時、逆境に立ち向かうOLたちの姿を通して、同世代の女性への応援歌として制作された「ジューン・ブライド」。これを見れば、あなたも十分元気付けられるハズ!?どうぞお楽しみに!
【ストーリー】
大手電機メーカー・エレソニックの受付嬢・加茂直己(財前直見)は、入社5年目の28歳。バブルの頃には優雅なOL生活を送っていたが、このごろは会社でも家でも幾分煙たがられる存在に。寿退社を考えるも、恋人・友則(矢部浩之)の態度はどうも煮えきらず…、直己は半ばヤケ気味の合コン三昧の日々を送っていた。ある日の夜、帰宅した直己は、友則からの「大事な話がある」との留守電のメッセージを聞く。きっとプロポーズに違いないと喜ぶ直己。だが翌日、有頂天で出社した直己を待っていたのは、業績不振のミシン事業部への配置転換だった…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1995年
  • 全話数 : 12話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 植田博樹
  • ディレクター・監督 : 山泉脩
  • 脚本 : 樽谷春緒、高橋華
  • 主題歌 : いつでも夢に花束を
  • 歌手 : 山本潤子(Hi−FiSet)
  • その他 : ※高田万由子の「高」は正式には、「はしごだか」です。システムの都合上「高」となっております。

エピソードリスト

#1 おつとめ品の女

#1 おつとめ品の女

一流企業の受付嬢・加茂直己(財前直見)は28歳。結婚を望んでいるのだが、恋人・友則(矢部浩之)の態度は煮え切らない。そんな時、受付課と秘書課の廃止が決定する。

#2 お下がりの女

#2 お下がりの女

直己(財前直見)は里佳(遊井亮子)から「友則(矢部浩之)と別れて欲しい」と言われる。直己は財場(袴田吉彦)か鮫島部長(阿部寛)を相手に玉の輿作戦を開始し…。

#3 ゼロまんの女

#3 ゼロまんの女

直己(財前直見)に問い詰められた友則(矢部浩之)が里佳(遊井亮子)との関係を認めた事で、2人は喧嘩別れをする。一方、ミシン事業部は宣伝費をカットされ…。

#4 カンジる女

#4 カンジる女

ミシン事業部で社員旅行に行くことになり、直己(財前直見)は幹事に。副幹事の冴子(高樹沙耶)や操(高田万由子)と共に雑務に追われ、旅行を楽しむ事も出来ない。

#5 干しあわびの女

#5 干しあわびの女

直己(財前直見)が考案したブライダルカタログのプレゼンテーションが行われ、直己はプランナーを務める。しかし、掲載商品からミシンは排除されてしまい…。

#6 使い捨ての女

#6 使い捨ての女

白砂(布施博)とミシン営業部を潰す為に鮫島(阿部寛)は直己(財前直見)に交際を申し込む。そうとは知らない直己は戸惑いながらも鮫島の誘いを断れず…。

#7 誰でもOKの女

#7 誰でもOKの女

友則(矢部浩之)は白砂(布施博)から説明を受け1泊出張について納得するが、当の直己(財前直見)は友則に婚約解消を言い渡し指輪を返す。

#8 大往生の女

#8 大往生の女

社長から「息子と別れて欲しい」と言われた冴子(高樹沙耶)は、克彦(袴田吉彦)の誘いをすっぽかした日から欠勤していた。直己(財前直見)達は、退職届けを発見する。

#9 ファイナルラップ女

#9 ファイナルラップ女

29歳の誕生日を迎える直己も、友則(矢部浩之)からプレゼントを持って行くと言われ喜ぶ。しかし、友則が上京出来なくなり、直己は1人で誕生日を過ごす事に…。

#10 回転寿司の女

#10 回転寿司の女

突然社長が倒れ、しばらく入院療養する事になった。そのため克彦(袴田吉彦)は社長代行に、そして白砂(布施博)が補佐役に任命され、総合企画部に異動する事に。

#11 玉の輿一発逆転の女

#11 玉の輿一発逆転の女

大吾(下條正己)に連れられて社長を見舞った直己(財前直見)は、そこで大吾が社長の父親で会長、そして白砂(布施博)は大吾の孫で財場一族の一員である事を初めて知る。

#12 いつでも夢を!

#12 いつでも夢を!

鮫島(阿部寛)と共に渡米する事を決意した直己(財前直見)は辞表を提出。そんな中、克彦(袴田吉彦)と冴子(高樹沙耶)の結婚式が執り行われ…。

さらに読み込む

TBS1 TBS2