山村美紗サスペンス 名探偵キャサリン「京都・宇治川殺人事件」

出演

かたせ梨乃、河相我聞、京本政樹、渡辺典子、中山仁、山下規介、相本久美子、山村紅葉、坂本あきら、パンチ佐藤、永島浩二、比留間由哲、大林丈史、西岡徳馬 ほか

  • 放送未定

かたせ梨乃主演「名探偵キャサリン」第13弾。本作は山村が1974年に作家デビューする以前の65年に書いた事実上の処女長編「京都・宇治川殺人事件」を基にドラマ化したもの。原作では事件を追うヒロインはキャサリンではないが、山村美紗ならではの京都を舞台とした風情と大胆な犯罪構図の魅力をそのままに、彼女が生み出した代表的なキャラクター・名探偵キャサリンが謎を解くという作品に脚色した。奇しくも山村が亡くなったのは、本作の撮影の最中だった。出世…欲…愛…渦巻く野望。“ミステリーの女王”の原点が甦る!
【ストーリー】
キャサリンこと希麻倫子(かたせ梨乃)は京都を中心に活動している女性カメラマン。ある日、倫子はいつも仕事を受けている新聞社の取材で、最近自分がひいきにしている小間物屋・映屋を取り上げようと提案する。ところが取材当日、アシスタントの三郎(河相我聞)と映屋に出かけると、店先には忌中の張り紙。驚いた倫子が慌てて映屋の主である野村映子(相本久美子)の自宅を訪ねると、そこには映子の遺影が置かれた祭壇があり、夫の昭夫(京本政樹)がただ一人悲しみに暮れていた。
愕然とする倫子に昭夫は、映子は飲酒運転で崖から宇治川に転落し亡くなったらしいという警察の説明を伝える。真面目な映子の飲酒運転が信じられない倫子。昭夫から、映子がいつもは車を運転するときデッキシューズに履き替えているのに、見つかった遺体はヒールのあるパンプスを履いていたと聞き、倫子は映子の事故死に疑いをもつ。

番組基本情報

  • 制作年 : 2003年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : テレパック
  • プロデューサー : 森下和清、沼田通嗣
  • ディレクター・監督 : 村田忍
  • 原作 : 山村美紗
  • 脚本 : 倉沢奈都子
  • その他 : ※西岡徳馬の「徳」は正式には、「心」の上に「一」が入ります。システムの都合上「徳」となっております。
TBS1 TBS2