浅見光彦シリーズ「鬼首殺人事件」
close

浅見光彦シリーズ「鬼首殺人事件」

内田康夫原作・浅見光彦シリーズ第17弾。舞台は小野小町ゆかりの地・秋田県雄勝町。「小町祭り」で起こった殺人事件の真相に迫るうち、光彦に命の危険が…。

詳しく見る

沢村一樹、原沙知絵、村田雄浩、高橋昌也、山本紀彦、きたろう、山本郁子、八木田麻衣、村井国夫、加藤治子 ほか

今月放送 HD
ドラマ・時代劇

みどころ

内田康夫原作・浅見光彦シリーズ第17弾。舞台は平安時代の女流歌人・小野小町が生まれ、晩年を過ごしたと言われている秋田県雄勝町。小町を偲んで催される「小町祭り」が有名だ。その祭りのさなかに殺人事件が発生。光彦は、小町娘・珠里が事件に何らかの関わりがあるのではと感づくが…。自らも命の危険にさらされながら、事件の真相に迫っていく光彦。果たして鬼となった人の心を救うことが出来るのか!?

【ストーリー】
浅見光彦(沢村一樹)は小野小町を取材するため、母・雪江(加藤治子)と秋田県の雄勝町を訪れる。二人は町の名物・小町祭りを楽しむが、その祭りのさなか、老人が毒によって死んだ。老人が小町娘・珠里(原沙知絵)にすがりつくようにして息絶えたことから、地元刑事の山根(村田雄浩)は、珠里が関係しているのではないかと疑う。次の日、偶然珠里と出会った光彦は、銀山の廃坑に行こうと珠里を誘った。そして、鉱山労働者やその家族が眠る共葬墓地を訪れた時、お墓に手を合わせている広田(高橋昌也)に出会う。画廊を経営する広田はここに眠っている戦死者を弔っていたのだという。
一方、警察は小町祭りで死んだ老人を自殺と断定、捜査は打ち切りとなる。しかし、警察のよそよそしい態度から政治的な圧力がかかったのだと察知した光彦は、独自に調査を開始。それからしばらくして、珠里が「父を助けて」という電話を最後に失踪してしまう…。

続きを読む

番組データ

出演 沢村一樹、原沙知絵、村田雄浩、高橋昌也、山本紀彦、きたろう、山本郁子、八木田麻衣、村井国夫、加藤治子 ほか
制作年 2002年
全話数 1話
制作 テレパック/TBS
プロデューサー 矢口久雄、浅野敦也
ディレクター・監督 藤尾隆
原作 内田康夫
脚本 前川洋一

放送内容

放送あり

全て

さらに読み込む

8/26(金)午後5:50〜午後7:30
8/29(月)午前7:00〜午前8:40

このページをシェアする

視聴方法

TBSチャンネルは、CS有料放送です。下記のサービスでご視聴いただけます。